お気楽な猫の毎日
2017.02.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  2017.03.
指紋が認識されないワタクシ
もう2017年も1週間過ぎようとしています。
冬休みも残り2日、1カ月間ほぼクラリネットの練習に明け暮れて終わってしまいましたが、楽しかった。
あぁ、また現実がやってくる…。
よし、10週間働くぞ、10週間働いて春休みを勝ち取るぞ!

さて、昨年夏にiPhone SEに買い替えて以来指紋認証を使えるようになったのですが、どういうわけだか9割以上の確率で私の指紋はiPhoneに認識されません。どういうわけだ??
もう何度も指紋の登録をし直しているのですが、登録直後はOKでもその後はダメなことばかり。
今日iPhoneに登録した指紋も、何回認証してもらえることやら…。

そういえばアメリカに入国する時も一番時間がかかるのが指紋。
これは読み取りをしているだけで、あの場でデータベースにある指紋と照合しているわけではないと思うのですが、一度やってダメで入国審査官がウエットティッシュでスキャナーを拭いてもう一度、自分の指も拭きましょうか?などと話しながらさらにもう一度…そんな感じです。指紋が薄いんだろうか?入国審査で問題になるようなことは何もしていないのに、入国審査官が話していることは全て理解してきちんとお返事をしているのに、毎回どういうわけだか時間がかかるアジア人になっています。

今年は2007年に取得したグリーンカードを更新する年です。
もう10年か〜、早いなぁ。抜かりなく手続きをしなければ…。きっと指紋を取るのにまた苦労するんだろうなぁ…。
それに加えて今年はアメリカ生活丸20年となる年でもあります。20年かぁ、自分でも信じられません。

トランプ政権になって外国人への風当たりが強くなりそうなので本当に憂鬱ですが、4年間辛抱すればきっとアメリカは「民主主義の価値」に再び目覚めてくれるだろうと祈っています。

2017.01.07 Sat 08:15
大晦日 in 2016
昨日の豆腐カステラに続き、今日は朝から紅白なます、煮しめを作っていました。

紅白なますは完熟の柿があったので柿なますにしました。
子供の頃は酢の物の美味しさがわかりませんでしたが、最近はなますとかワカメの酢の物(これもある意味郷土料理?ミカンの缶詰汁ごと投入)とか、酸っぱいものはさっぱりしていて美味しいなぁと思うようになり、しょっちゅう食べています。
でも、なますは大根と人参をひたすら千切りにするのが面倒なので特別な時だけね〜。

煮しめは「炒り鷄」です。
コクがあって美味しいので毎回これです。ゴボウ、レンコン、人参、干し椎茸、鷄もも肉を大量に使って、中華鍋1杯分作りました。

昨日解凍を始めたマグロの柵もいい具合の戻り具合だし、塩出しして味付けをした数の子もいい具合だし、今年は結構しっかり年越しのお料理をしています。年が明けてから1週間冬休みが残っているので気持ちに余裕があるからかな。

でも久しぶりに連続して台所に立って、つ、疲れた…。

2007年1月に始めたこのブログ、いつの間にか丸10年になりました。
最近はトップに広告が表示されない程度の頻度でしか更新していないので、10年の節目を機に終わりにしちゃおうかなぁ…とも考えたんですが、まぁ、もしかしたら2017年には書きたいなぁと思うことがあるかもしれないし細々と続けていくことにしました。

というわけで今年もありがとうございました。
来年はどんな年になるのかなぁ?

2016.12.31 Sat 10:54
豆腐カステラ
おせち料理の伊達巻の代わりに、こちらのレシピを参考にして秋田の郷土料理、豆腐カステラを作りました。豆腐カステラ、大好物です。毎回、一時帰国の際には有楽町にある秋田県のアンテナショップで買って来てもらって食べています。

材料と手順はいたって簡単。
豆腐の水気を絞り、卵と砂糖を加え、焼き上げる。
しか〜し、ここで問題が…。
我が家にはフードプロセッサーがないんです。
豆腐と他の材料を滑らかに混ぜるためにはどうすればいいのか?
今回は目の細かいザルを使って裏ごししてみました。これに一番時間がかかりました。

出来上がりはこんな感じ。
tofukasutera.jpg
レシピにはお砂糖は控え目に100g、秋田県民なら200gにするところだ」っていうような記述があったので、中途半端な秋田県民としては150g投入。これ、多すぎたかもしれません。100gで十分だと思います。焼き上げも焦がしたら一巻の終わりなのですっごい弱火でじわじわと。もうちょっと焦げ目がついてもよかったかも…。

今日からしばらく豆腐カステラが楽しめます。

2016.12.30 Fri 21:47
今年も残り2日〜!
アメリカは本日12月30日、2016年も残り2日になりました。

今朝からおせち料理の下準備中。
おせちと言ってもアメリカで材料が手に入り、自分が食べたいと思うものしか作らないので、煮しめ、数の子、紅白なます、伊達巻程度のものですが…。今日は数の子の塩抜き、干し椎茸を水で戻す、こんなことから始めました。あとは、冷凍してあった鶏もも肉の解凍。時間がかかるものだけ始めてます。午後になったら冷凍マグロの柵を解凍しなければ…。
伊達巻は卵とはんぺんとお砂糖とフードプロセッサーさえあれば自力で作れるんですが、今回は秋田県のソウルフード、豆腐のカステラを作ってみることにしました。こちらも材料はいたってシンプル。豆腐、卵、砂糖です。上手にできるでしょうか?
日本に住んでいたらデパ地下で適当に見繕って買ってしまうか、有名レストランのおせちをど〜んと買ってしまうか、そもそもおせちを省略してしまうかのどれかだったと思います。
簡単に手に入らない状況になると、かえって何とかしたいと思うものなんでしょうかね。

あとは各種デバイスとバックアップのバッテリーの充電をしています。
最近、固定電話を解約したので電話は携帯電話だけ。前は職場に忘れてきちゃったり、バッテリーが完全になくなっていることにも気づかないでいたりするほど使用頻度が低かったんですが、これからそんなわけにはいきません。何かあった時に困らないようにちゃんとしておこうと思ったわけです。家と大学は電力の送電経路が違うので両方同時に停電ということはないだろうし、最近は長距離のお出かけもしないんですけどね〜。

クリスマスはぼやっとしているうちに過ぎてしまいましたが、年末の方が「節目」感が強くてちゃんとしてしまうのは、日本人だからでしょうか〜。

2016.12.30 Fri 10:09
今年のクリスマス・プレゼント
にゃあちゃんはくしゃみもすっかりなくなり、元気になりました。
これはノミのフンや卵が原因なんじゃないのかなぁ…という気が大いにしています。
実は、えみちゃんが9月に猫宿泊に預けた時にノミをもらってきて、その時はえみちゃんを洗ったのと、にゃあくんは直前にノミ除けの薬をしていたので感染しなかったんですが、完全に退治できていなかったので二猫ともノミがいるなぁ…とは気がついていたんです。毎日ノミ取りの櫛で毛をすいて捕獲していたんですが、追いつかなかったんだなぁ…と。金曜日に獣医さんにもらって来たノミ取りの薬を土曜日に使ってみたら、にゃあくんはその後みるみる回復しました。

でも、血液検査では腎不全と診断されました(これも最近の多飲多尿で予想はついていたんだけれど…)。検査結果のコピーを見ると、それほど大きく正常値を超えているわけではないので、以前日本で買ってきたネフガードという活性炭のサプリを飲ませてみることにしました。初日は飲むのを嫌がりましたが、二日目からはおりこうさんにして飲んでくれています。

今は症状も落ち着き食欲もあるので、多分大丈夫でしょう。
にゃあちゃんたちは人間ならもう80代半ばを過ぎている年齢なので、食餌制限や投薬などをできるだけせずに普通に生活させてあげたいと思っています。(飼い主さんによっていろいろ考え方があるでしょうが…)
人間だってその年代になったら、血圧が高いとか関節が痛いとか何かしら不都合があって当たり前。ちょっとぐらい検査結果が悪くても仕方ありません。それよりも、好きな食べ物を我慢させたりして辛い思いをさせたくないと思っています。

さて、今年のクリスマス・プレゼントはこれ。
cat-toys.jpg

ちょっと邪悪な表情の、キャットニップ入りのおもちゃです。
去年も同じようなシリーズのプレゼントでした。
ジジ猫、ババ猫は食べ物の方がよかったのかなぁ。

2016.12.22 Thu 21:01
泣き面に蜂
昨日は一日中冷たい雨…にゃあくんは朝からくしゃみを連発し、目もしょぼしょぼしていて、「これは猫風邪?」という症状が出ていました。横殴りの雨の中出掛けて行くのはどうかと思ったので、とりあえずは暖かくして様子を見ることに。

夜はにゃあくんにセーターを着せて、熱いお湯を入れたペットボトルを抱かせ、毛布で巻いて…でも、夜中にトイレに行ったりしたらにゃあくんはその後自分で毛布を巻けないよなぁ…と思って、私はにゃあくんのベッドの横に布団を下ろして一緒に寝ました。

今朝は昨日よりはずっといい感じでしたが、やはりくしゃみが残っていたので、朝イチで獣医さんに電話をして予約を取りました。いつもの獣医さんはこんな時に限って「月曜日なら空きがあるけど」と呑気な対応。週末、獣医さんが閉まっている時に何かあったら大変だなぁと思ってバタバタしてるっていうのにさ〜。しかたなく10年ぐらい前まで通っていた以前の獣医さんに連絡したら、どうやらまだカルテなどが残っているようで、30分以内に診療してもらえました。

にゃあくんの症状は老猫にはよくあることのようで、免疫力を高めるサプリを出してもらい、血液検査、血圧の検査などを受けて帰宅。以前えみちゃんが鼻水ダラダラだった時にこの獣医さんに出してもらった水薬を処方されるかと思ったんですが、それもなし。…ってことは、全身状態はそんなに悪くなかったということですね。

なんだかんだで治療費が$355。
う〜、クリスマス・ショッピングしようという意欲が全くわかなかったのは、どこかで本能的にこういう出費があることを予感していたからなんだろうか…。

さて、家に帰って裏木戸を開けようとしたら、左手の手のひらにズキッと激しい痛みを感じました。
思わず声が出ちゃうほどの激痛。
最初は木材のささくれが手に刺さったのかと思ったんですが、見てみたら蜜蜂が一匹刺さっていました。
手を振ったら蜂は針だけを残して飛び去りましたが、そこからが大変。
まずはネットで応急処置を調べ、刺された部分から毒を吸い出しました。
「口で吸わずに専用の器具を使いましょう」と書いてあっても、そんな器具を常備してる家ってあるの??
ストローを強く当てて、ストローが平らになるぐらい強く、何度も吸い上げました。
口から吐き出した液には血が混じっていたので、かなり吸い出せたと思います。(でも結局口の中に蜂の毒液も入っているわけだから、ストローを使った意味って何なんだろう…?)
その後は、ネットに書いてあった指示通りに蕁麻疹が出た時に処方された塗り薬を塗って、保冷剤で冷却中。よ〜く見ないとどこを刺されたかわからない状態なので、応急処置はうまくいったようです。

あ〜、泣き面に蜂ってこういうことなのね。
どうか週末に腫れ上がったりしませんように…。

2016.12.16 Fri 13:50
猫ハウス
この冬の猫ハウスは長屋風にしてみました。

日中、大家さんちも私も出かけていると暖房が入らないので、ジジババには寒さが堪えるだろうと思って自作しました。
中に猫ベッドがあり、毎朝出勤前にお湯を入れたボトルを入れていけば、少しは寒さがしのげるはず…。
風邪を引いたりしないで、長生きしてほしいです。
nekohouse.jpg


明日は期末試験なので、仕事はあと少し。
明日の試験の監督、採点、成績処理、来学期のコースのミーティングさえ終われば、約1カ月の冬休みが始まります。

2016.12.02 Fri 22:16
そういえば、演奏会が終わりました
11月16日、演奏会が終わりました。

クラリネット関係のことは別のブログの方に記録を残しているもので…。

この年でこんなにいい経験をさせてもらえるとは思いませんでした。

で、もう3月の演奏会に向けての練習をしています。
エンドレスです。
練習はいつも絶好調ではありませんが、うまくいかない日もクラリネットを吹くのはとても楽しいです。
好きなことを再開してよかった〜と、日々感じています。

2016.11.20 Sun 09:38
ミルク・ティー
夜眠りが浅いのでコーヒー断ちしています。
前から、午後はコーヒーを飲まないようにしていましたが、どうしても夜中に目が覚めちゃうもんで、ほぼ完全に断ちました。(寝つきはすご〜くいいんですけどね)

コーヒーの代わりにミルク・ティーを飲んでいます。
紅茶にもカフェインは入っていますが、1杯分の量はコーヒーよりも少ないそうなので。しかも、一緒に牛乳を飲むので、少しでもカルシウム補給になるかなぁと思っています。

最近、ミルク・ティーに合うように紅茶の茶葉を変えました。
ヨーロッパ系の食料品店に行って、いろんな種類の中からセイロン茶をチョイス。
本当はアッサムが欲しかったんですが見当たらなかったもんで。
パッケージの表は英語、裏はアラビア語で書かれている茶葉を箱買いしました。このお店はヨーロッパ系ですが、商品は中東と東ヨーロッパの物が多いです。

家にあったダージリンで作っていたミルク・ティーよりも、とろみが増す感じ。
同じ量の牛乳なのに濃さを感じました。

これは正解だったわ〜。

インド人の友人の入れ方を真似ています。前はどんなに真似ても同じような味になりませんでしたが、茶葉を変えてからはかなり近づいた感じです。茶葉の違いって大きいんですね。

コーヒーを入れるのが上手だと自負していましたが、これからは紅茶マスターを目指すことにします。

2016.11.20 Sun 09:15
Hillary Clintonに泣けた…
アメリカの大統領選挙はまさかのトランプ当選で、その後も抗議活動が続き、カリフォルニア州ではアメリカからの独立運動にまで広がるなど混乱しています。

職場でも学生たちの抗議活動がありました。
選挙の翌日はみんな魂が抜けてしまったような状態でした。

でも、私はトランプが当選したことに対して抗議はしません。不正をして当選したわけではない以上は、選挙の結果を受け入れるのは民主主義の基本だからです。負けたから結果を受け入れないというのではトランプと同じです。私はそうはなりたくないです。
女性蔑視、移民への暴言、社会的弱者を揶揄するなど、トランプは人間として最低です。でも、この国の人々が選挙で選んだわけです。ここからの4年間、トランプの側近が彼を制御してくれて、そこそこ無事に終わることを祈っています。

敗退が決まった翌日のヒラリーのスピーチ、泣けました。
ずっと政治家として活動していたことをトランプは批判してきましたが、ヒラリーは女性や子供、少数派の人権を守るために身を粉にして働いてきたわけで、それを何もしてこなかった人が批判するのはお門違いというものです。オバマとの対決の時も「経験の長さ」を散々批判され負けたわけですが、人生をかけて何かを成し遂げようとすることを批判するのって変だと思っています。人生をかけて何かを成し遂げようとしてきたことの何が悪いの?って思います。

最後のスピーチ、ヒラリーの民主主義に対する真摯な想いがひしひしと伝わって来ました。たとえ自身は敗れても、後につながる若者、特に女性たちに諦めずに活動を続けていってほしいという願いに打たれました。この人が当選すべきだったのに…。

いつか、思ったよりも近い将来にglass ceilingが破られて、有能な女性の大統領が誕生しますように…。
10clinton2-master768.jpg


2016.11.10 Thu 19:17
プロフィール

emmynyaa

Author:emmynyaa
猫と暮らす日々の出来事

カテゴリ
最新記事
最新コメント
過去ログ
リンク
検索フォーム
FC2カウンター