お気楽な猫の毎日
2017.04.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  2017.06.
にゃあちゃん、お家に帰ってきました。
週の半ばから風邪でダウンしています。
基本的にず〜っと寝ていて、アセトアミノフェンを4時間おきに摂りながら、熱と喉の痛みが去るのを待っている状態です。

にゃあちゃんがいないというだけで家の中は広く寒々しいです。
そして私が寝込んでいても情け容赦ないえみちゃん…。
にゃあちゃんは、じ〜っと枕元を覗き込みながら私が起きるのを待っていてくれたのになぁ。

昨日の午後に留守電に、にゃあちゃんの遺灰を取りにきてくださいとHumane Societyからのメッセージがありました。
お天気がいい合間を縫って行ってきました。
小さい、綺麗な木の箱に入って戻ってきました。
「一緒におうちに帰ろうね」と箱の上をゆっくり撫でてから引き取りました。

Humane Societyは1999年の9月ににゃあちゃんと出会った動物保護施設であり、その後何度も旅行の時に宿泊サービスをさせてもらったところであり、何度もにゃあちゃんを迎えに行って「よし、お母さんと一緒におうちに帰ろう!」と言った場所です。
にゃあちゃんはお泊まりするのが好きじゃなかったのに、仕事や旅行の度によく辛抱して待っていてくれました。ありがとう、にゃあちゃん。

2017.02.25 Sat 15:41
ゆっくり行こう
にゃあちゃんが亡くなった日、午後早く帰宅して火葬の手続きを済ませて、にゃあちゃんがよく日中過ごしていた椅子に敷いていた物や、寒くないようにとにゃあちゃんにかけてあげていた私のフリースの洗濯をしました。
歳をとって自然に亡くなる…と言っても、最期の方は腹ばいになったまま排泄をしたりしていてあれこれ洗濯物が溜まっていたので、週末お天気が崩れる前にお洗濯を済ませてしまおうと思ったのです。

土曜日には部屋の掃除もして、にゃあちゃんが使っていたキャリアの中をきれいにして爪とぎ用のポストもきれいに掃除機をかけて(えみちゃんは使わないので)、動物保護施設(ここで火葬をしてもらっています)に寄付できるようにしたり…。

IMG_5733.jpg家の中からにゃあちゃんがいた跡がどんどん消えてしまって…。(自分がそれをしているわけなんですが…)

窓際のクッションの下からにゃあちゃんの毛束が出てきた時に、「ここから通りをよく見ていたなぁ。帰ってきた時に窓のところにいるにゃあちゃんを下から呼んだりしたよねぇ」と思ったら、ガクッと力が抜けてしまいました。

少しslow downしようと思います。
お別れをするのに、きっともっと時間が必要なんだよ。

2017.02.19 Sun 17:13
にゃあちゃんはお星様になりました。
2月15日午前8時ごろ、にゃあちゃんが永眠しました。
17歳7か月半、立派な猫生だったと思います。

12月中旬にくしゃみ、鼻水で獣医さんに診てもらった時に、血液検査の数値などから腎不全と診断されていました。
その前から多飲多尿などの症状があったので、おそらくそうだろうなぁと思っていたのですが、食餌制限をしたりせずにできるだけにゃあちゃんの好きな物を食べさせ、好きなように生活を続けさせ、自然に猫生を全うしてもらおうと考えていました。
にゃあちゃんがまだ10歳だったらもっと積極的に治療をしていたかもしれません。でも、すでに人間なら80代後半の年齢です。ものすごく頑張っても短い余生なのに、好きな物も食べられないんじゃ気の毒だな…と。
(飼い主さんそれぞれ考え方は違うと思います。積極的に治療をなさっている方もいらっしゃると思います。よそ様の猫の飼育方針にとやかく言うつもりはありません。)

新年を迎える頃から、トイレの失敗も増えてきました。
後ろ足が弱ってしまって、最初は「あと1歩前なんだけどなぁ」というニアミスだったのが、「4、5歩足りん」という状態になり、最後にはカーペットの上やペットシーツの上で腹ばいになったまま排泄するようになりました。普通は猫の尿には猛烈な臭いがありますが、腎不全で尿を濃縮できないまま排泄しているので臭いはほとんどなく、それが救いと言えば救いでした。

後ろ足が弱った頃から食欲も落ちて来たので、お刺身用のマグロを細かく切ったり、ササミを茹でで細かく裂いたりしたものをあげていましたが、徐々に食欲も落ちていきました。自分では水分も摂らなくなっていったので、ササミの茹で汁やお水をシリンダーで飲ませていましたが、最後はそれすら拒否するようになりました。

亡くなる数日前からほとんど寝たままで呼吸も荒くなったので、猫ベッドのそばに布団を敷いて夜は一緒に寝ていました。亡くなる前日には「もしかしたら私が仕事に行っている間に事切れてしまうかも…」と心配しましたが、夕方帰宅してドアを開けたらムクッと起き上がって迎えてくれました。

亡くなった朝はもう意識もないような状態で、「仕事に出かけている間に死んでしまうかも…」という不安が募り、出勤する時刻ギリギリまで抱っこしていました。一人ぼっちで死なせたくなかったので、「出勤前に獣医さんに駆け込んで、安楽死させたほうがいいのか?」そんなことまで考えました。そして、午前8時ごろ、そろそろ出勤しなければ…という時間に何度か短く鳴いた後で息を引き取りました。ひとしきり泣いてお別れした後、猫ベッドに寝かせ、とりあえず出勤。

午後3時ごろに帰宅してから、また泣いて…。
でも、このまま家に亡骸を置いておくわけにはいかないので、17年7か月前に、生後2か月半のにゃあちゃんをもらって来たHumane Societyに火葬の申し込みのために連れて行きました。Humane Societyに着いた時には青空を見上げて「今にゃあちゃんの魂には毛皮がないんだから、火葬してお空のにゃあちゃんに毛皮を届けてあげなくちゃ」と思いました。でも受付の人と火葬についてのやり取りをしている時には涙、涙。最後に担当の人に亡骸を引き渡す時にも大泣きしてしまって、係りの人にとても心配されてしまいました。

家に帰って、おしっこで汚れたバスタオルや猫ベッドなどを洗濯。
ペットシーツや簡易トイレも片付けました。
1年ほど前に大家さんちのワンコTaz君が死んだ時に、大家さんがすぐにTazの物を片付けたのを見ていて「もっとそばに置いておいてあげればいいのに」なんて思っていましたが、犬でも猫でも亡くなった後っていうのはmessです。自分で体験してわかりました。

そして1日が過ぎ、私とえみちゃんはちょっと広くなった部屋で普通に暮らしています。
にゃあちゃんのことを思い出しますが、涙が出てどうしようもない…という状態にはなりません。
不思議なほど落ち着いています。弱っていくにゃあちゃんを介護しながら、少しずつ心の準備ができていたのかな…と思います。

「自然に亡くなるのを看取る」っていうのは言葉で書くのと実際にするのとは大違いです。
途中には治療方針について迷う瞬間もあり、「これがいつまで続くんだろう」と思う瞬間もあり、「どんなに汚れてもいいから生きていてほしい」と思う瞬間もあり、いろいろな思いを経て最期に辿り着くという感じです。

にゃあちゃんはずっと心の支えでした。一緒に生きてこられて、そして、最期を看取ってあげられてほっとしています。にゃあちゃん、また会おうね。またお母さんの目玉焼きの黄身とかハムの端っことか食べさせてあげるから待っててね。

2017.02.17 Fri 02:34
アメリカの電話会社…最低〜!
自宅の固定電話を解約したのは12月22日のことでした。
そこから電話会社Frontier Communicationsとの不毛なやりとりが始まります。

(1月)
1月分の請求書に解約したはずの固定電話の料金がまだ含まれているのを見つけてカスタマーサービスに電話。散々もめて、でも固定電話の分の料金を減額してもらう。

(2月)
2月分の請求書にまたしても固定電話が含まれていたのでカスタマーサービスに電話。
解約したはずの固定電話がまだ契約されている状態になっていることが発覚。
再度解約の手続きをしてインターネットだけの契約にしてもらう。
翌日からインターネットが繋がらなくなる。
即テクニカルサポートに電話して修理の依頼。
待つこと1週間、何の修理もされていないのに、ウェブ上には「作業完了」と表示される。
もうインターネットも解約だ〜とカスタマーサービスに電話。
数人をたらい回しにされる。
再度カスタマーサービスに電話、2月14日の解約をようやく設定してもらう。

カスタマーサービスに電話するたびに30分以上待たされるのは当たり前。
何を言ってもわからない担当者が出たり、話がややこしくなると電話を切るヤツがいたり…。
とにかく時間の無駄、精神的にもとても疲れました。
2月14日の解約だってちゃんと手続きされるのかは最後まで油断できません。

Frontier Communicationsは全米規模の会社ですが、Better Business BureauのレビューはFです。ネット上には苦情を書き込む掲示板多数。集団訴訟を起こそうという動きもあります。
この会社との契約は全力で回避することをお勧めします。


でも、今回よかったことが一つ…インターネット接続なしには暮らせないので大家さんに「WiFiを分けてほしい」とお願いしたら、あっさりOKしてもらいました。大家さんちはケーブルテレビ会社のネットサービスなのでサクサク繋がっています。

2017.02.10 Fri 21:41
Itzhak Perlmanのコンサート
昨日は大学の文化事業が主宰するItzhak Perlmanの『In the Fiddler's House』というコンサートに行ってきました。このコンサート・シリーズは満20周年を迎えたそうです。

perlman.jpgステージにはバイオリン、弦バス、アコーディオン、ピアノ、パーカッション、トランペット、トロンボーン、クラリネット、マンドリン、ボーカルと多才なメンバーが勢ぞろい。

プログラムはユダヤの宗教的なお祭りや結婚式で使われる音楽をアレンジしたものが中心で、ユダヤ人の人にとっては馴染みのあるものだったようです。曲は東ヨーロッパ的な土くさい感じの力強い響きがあり、演奏はかなりエネルギッシュ。途中、何曲かはダンス・ナンバー(?)もあって、町のユダヤ人の人々が手をとって賑やかに踊る場面もありました。


Itzhak Perlmanは電動スクーターに乗ってステージに登場し、立ち上がって演奏することはありませんでしたが、その演奏には人をぐいぐい惹き付けるエネルギーがありました。

踊っていた町のユダヤ人の人々の中には、おそらく第二次世界大戦中にヨーロッパから逃れて来た人もいるでしょうし、親類がホロコーストの犠牲になった人もいるのでしょう。でも、その生き生きとした表情に民族のパワーを感じました。この民族が滅びなくてよかった…と思いました。ユダヤ人でもイスラム教徒でも、古から自分たちの文化を脈々と守り続けている人々が、一時の政治的な決断で差別されたり迫害されたりすることがあってはならないのです。

あ〜、いいコンサートでした。 

2017.01.24 Tue 06:52
新学期の準備は万端
明日から新学期なのでその準備をしました。

長期的な準備:ご飯を多めに炊いて、2食分冷凍する。
家に帰ってから炊き始めても30分で炊けるんですけどね。でも、本当にクタクタになって帰宅した時や寝込んだ時には、冷凍ご飯をチンして食べるのが一番手っ取り早いので。順次補充して、常に2食分は冷蔵庫に入っているようにしています。

中期的な準備:カレーを大量に作る。
カレーは冷凍しません。冷蔵室の一番奥に入れた状態で約1カ月は大丈夫(だと思っています)。これもクタクタになって帰宅した時に私を救ってくれます。

短期的な準備:塩鮭を焼く。
冷凍の鮭のフィレを買ってきて(皮付きの切り身とかはあまりみかけません)、解凍して酒と塩を振って甘塩鮭にして焼きます。これはお弁当のおかずに。切り身にしてご飯にのっけたり、フレークにして散らしたり、おにぎりの中身にしたり。冷蔵でも冷凍でも割と長持ちします。

食べ物の他にはブラウスにアイロンをかけました。
上にセーター着ちゃったりするんでアイロンなしでもバレないと思うんですが、やっぱりね〜。

クラスの準備もしてますよ。これは年末のうちにちゃんとしておきました。

2017.01.08 Sun 22:29
eBayでお買い物
eBayはアメリカのオークションサイト。
もちろんオークションなしに即買いもできます。

私が最近来ている洋服の半分はeBayで調達。
ブラウス、セーター、ジーンズ、ジャケット…、ブラウスは8割ぐらいはeBayから来てるかも。
試着しないで買うのでサイズ表示がきっちりしていて、レビューの高い売主の商品しか狙いません。

オークションで競り落とすの、結構上手なんです。
ず〜っと沈黙を守っておいて、最後の1分で勝負に出て、商品を手に入れます。
新品が買えるほどの金額を払うのは勿体無いので、送料も入れて幾らまでという制限を自分の中に持っています。競り合って熱くなることはしません。ほとんど一発勝負。それで他の人がより高値をつけて来たら潔く諦めます。

今朝もブラウスを手に入れました。
春先にちょうどいい感じのブラウス、送料も入れて$8以下でした。

まとまった時間があったらクラリネットの練習に使いたいのでほとんど買い物に出かけません。
デパートでウィンドウショッピングとか最後にしたのはいつだっけ?って感じ。
もし近所に各種メーカーのクラリネットを試奏させてくれる大きな楽器店があったら、買うわけでもないのに通っちゃうかもしれませんが…。

2017.01.07 Sat 08:31
指紋が認識されないワタクシ
もう2017年も1週間過ぎようとしています。
冬休みも残り2日、1カ月間ほぼクラリネットの練習に明け暮れて終わってしまいましたが、楽しかった。
あぁ、また現実がやってくる…。
よし、10週間働くぞ、10週間働いて春休みを勝ち取るぞ!

さて、昨年夏にiPhone SEに買い替えて以来指紋認証を使えるようになったのですが、どういうわけだか9割以上の確率で私の指紋はiPhoneに認識されません。どういうわけだ??
もう何度も指紋の登録をし直しているのですが、登録直後はOKでもその後はダメなことばかり。
今日iPhoneに登録した指紋も、何回認証してもらえることやら…。

そういえばアメリカに入国する時も一番時間がかかるのが指紋。
これは読み取りをしているだけで、あの場でデータベースにある指紋と照合しているわけではないと思うのですが、一度やってダメで入国審査官がウエットティッシュでスキャナーを拭いてもう一度、自分の指も拭きましょうか?などと話しながらさらにもう一度…そんな感じです。指紋が薄いんだろうか?入国審査で問題になるようなことは何もしていないのに、入国審査官が話していることは全て理解してきちんとお返事をしているのに、毎回どういうわけだか時間がかかるアジア人になっています。

今年は2007年に取得したグリーンカードを更新する年です。
もう10年か〜、早いなぁ。抜かりなく手続きをしなければ…。きっと指紋を取るのにまた苦労するんだろうなぁ…。
それに加えて今年はアメリカ生活丸20年となる年でもあります。20年かぁ、自分でも信じられません。

トランプ政権になって外国人への風当たりが強くなりそうなので本当に憂鬱ですが、4年間辛抱すればきっとアメリカは「民主主義の価値」に再び目覚めてくれるだろうと祈っています。

2017.01.07 Sat 08:15
大晦日 in 2016
昨日の豆腐カステラに続き、今日は朝から紅白なます、煮しめを作っていました。

紅白なますは完熟の柿があったので柿なますにしました。
子供の頃は酢の物の美味しさがわかりませんでしたが、最近はなますとかワカメの酢の物(これもある意味郷土料理?ミカンの缶詰汁ごと投入)とか、酸っぱいものはさっぱりしていて美味しいなぁと思うようになり、しょっちゅう食べています。
でも、なますは大根と人参をひたすら千切りにするのが面倒なので特別な時だけね〜。

煮しめは「炒り鷄」です。
コクがあって美味しいので毎回これです。ゴボウ、レンコン、人参、干し椎茸、鷄もも肉を大量に使って、中華鍋1杯分作りました。

昨日解凍を始めたマグロの柵もいい具合の戻り具合だし、塩出しして味付けをした数の子もいい具合だし、今年は結構しっかり年越しのお料理をしています。年が明けてから1週間冬休みが残っているので気持ちに余裕があるからかな。

でも久しぶりに連続して台所に立って、つ、疲れた…。

2007年1月に始めたこのブログ、いつの間にか丸10年になりました。
最近はトップに広告が表示されない程度の頻度でしか更新していないので、10年の節目を機に終わりにしちゃおうかなぁ…とも考えたんですが、まぁ、もしかしたら2017年には書きたいなぁと思うことがあるかもしれないし細々と続けていくことにしました。

というわけで今年もありがとうございました。
来年はどんな年になるのかなぁ?

2016.12.31 Sat 10:54
豆腐カステラ
おせち料理の伊達巻の代わりに、こちらのレシピを参考にして秋田の郷土料理、豆腐カステラを作りました。豆腐カステラ、大好物です。毎回、一時帰国の際には有楽町にある秋田県のアンテナショップで買って来てもらって食べています。

材料と手順はいたって簡単。
豆腐の水気を絞り、卵と砂糖を加え、焼き上げる。
しか〜し、ここで問題が…。
我が家にはフードプロセッサーがないんです。
豆腐と他の材料を滑らかに混ぜるためにはどうすればいいのか?
今回は目の細かいザルを使って裏ごししてみました。これに一番時間がかかりました。

出来上がりはこんな感じ。
tofukasutera.jpg
レシピにはお砂糖は控え目に100g、秋田県民なら200gにするところだ」っていうような記述があったので、中途半端な秋田県民としては150g投入。これ、多すぎたかもしれません。100gで十分だと思います。焼き上げも焦がしたら一巻の終わりなのですっごい弱火でじわじわと。もうちょっと焦げ目がついてもよかったかも…。

今日からしばらく豆腐カステラが楽しめます。

2016.12.30 Fri 21:47
プロフィール

emmynyaa

Author:emmynyaa
猫と暮らす日々の出来事

カテゴリ
最新記事
最新コメント
過去ログ
リンク
検索フォーム
FC2カウンター