お気楽な猫の毎日
2018.05.  123456789101112131415161718192021222324252627282930  2018.07.
か、買っちゃった〜!
な、なんとアメリカのオークションサイトに出ていた中古のToscaのA管を買ってしまいました。
この2週間ほど延々と迷っていた楽器で、当初$5,299だったのが一度期限が過ぎて売れなかったのですが、再出品で$5,499に値上がり。(売れなかったのに値上がりっていうのも意味不明ですが…)
2度目の出品の時に、Best Offerを出して何度か売主さんと交渉したのですが不成立…。

「仕方がない、ご縁がなかったんだね〜」と諦めていたんですが、今朝ちらっと見たら$5,000以下になっていたので思い切ってポチりました。送料込みで$5,039、オークションなので非課税です。この非課税って大きいかも…。

最終的に決断した理由は、2014年の始めに中古で買った現在のA管で抜けの悪い音が数カ所あり、それが日本でクラリネット専門の工房に持ち込んでも治らなかったこと。かれこれ1年以上何とか自分なりに工夫して演奏していますが、でもそのせいでリードを選ぶし、演奏にも不満が残ること。

でも、「この先何年クラリネットを吹き続けるだろうか?あと数年、しかもA管なんかそんなに吹かないよね…」とも思ったり、「私が好きなBrahmsを演奏するにはA管はMUSTだよね」とも思ったり、「Toscaの音ってそんなにいいかな?」と疑問に思ったり、まあ、ありとあらゆることを考えた上での決断です。

ものすごく期待しているのは左のEsレバー。以前SelmerのSignatureを買って試奏をした時にはその違和感に「げげっ」と思いましたが、最近、左右の小指の担当が厳しい曲を吹いているので、「あったら便利だよね」とずっと思っていました。そして、今の楽器がニッケル・メッキなのに対して、Toscaは銀メッキなので、その辺の音の変化も楽しみです。

逆にどうかなぁ…と思っているのはToscaの音色が私の好みに合うかしらってこと。今まで「Tosca、いい音だな」って感じたのがプロとセミプロの奏者二人だけで、それ以外は「Toscaでも結局はその人の技量なりの音しかしないのか?いや、むしろアラが丸聞こえなのかもね」という感想だったので、自分の音色がどんな風に鳴るのか不安も残ります。

きっとこのToscaが自分のA管としては最後の楽器になると思うのですが、実はSelmerのSignatureのまろやかな音が忘れられなくて、それだけは心残りです。
Signatureを試奏して音が好きだったのになぜ返品したのかというと、当時の私の吹き方ではピッチが440まで上がらなかったこと(復帰後半年そこそこだったので息の圧の問題だな)、独特のトーンホールにカケ(の予兆)が見られて耐久性が不安だったことが理由です。その個体特有のものだったのか、今は改善されているのか、その辺は不明ですが…。

先ほど売主さんから丁寧なメッセージをもらったので、きっと来週の後半には届くものと思われます。
楽しみ、楽しみ〜。

あ〜、車(2002年製のVolkswagenのGOLF、15歳)の調子も悪くて、そろそろ買い替え時かぁと思っていたのにさ〜。車は来年だな。

2017.11.11 Sat 12:25
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET  管理者だけに表示する
プロフィール

emmynyaa

Author:emmynyaa
猫と暮らす日々の出来事

カテゴリ
最新記事
最新コメント
過去ログ
リンク
検索フォーム
FC2カウンター