お気楽な猫の毎日
2017.04.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  2017.06.
この痛みはどこから来るの?
ここ数か月、両手の指関節、手首の関節の痛みに悩まされています。

朝の痛みが一番ひどく、パソコンのマウスをクリックするのにも激痛が…。
毎朝痛み止めを飲んでいて、それが効いて来たら何とかなるのですが、それでも日常生活の動作に支障があります。瓶の蓋をひねって開け閉めするとか、シートベルトをするために腕を斜め後ろに伸ばすとか、ドアノブをひねるとか…。

楽器を吹く時、運指にはあまり支障がないのですが、マウスピースの微妙な位置を調整するためにひねるというのがとても辛い…。
痛み止めを飲むのはもちろんのこと、関節にいいというサプリを何種類も飲んだり、チタンテープを貼ったり、熱いタオルで温めたり、ありとあらゆることをしていますが、全く改善が見られません。

50代の女性にはありがちな症状のようなので、自分もそうだろうなぁ…と思っているのですが、食べ物とか普段の姿勢とか、そういうのも影響しているのかなぁ。
サプリも薬も止めて、いろんな意味で一度リセットして、元の状態に戻したいです…。

「こんな痛みがなかった頃はどんな感じで生活していたんだっけ?」と、そもそもの痛みの原因になっているものがないか考えていて、ふと思い当たったのは楽器のネックストラップ。
ストラップを使い出す前は右手薬指と小指のバネ指、楽器の重さを支えている右手親指と右手首が痛いということはありましたが、左右の広範囲に痛みが広がったのはネックストラップを使い始めてからかも…。もしかしたら楽器の重さが首に集中することで首の神経が圧迫されたり楽器を構える姿勢が変わってしまって、腕や手にも影響が出ているのかもしれません。

まずは枕の高や硬さを変え、ストラップもやめて首への負担を軽減するところから始めよう。

2017.05.07 Sun 07:50
Swan Lake
昨日は久しぶりに元同僚のお子さんが出ているバレエの発表会に行ってきました。
自分の演奏会と日程が近かったり、ワークショップとかぶったりして行けなかったので、丸1年ぶりです。

『Swan Lake』はやはりバレエの王道的な演目で、白鳥たちのしなやかな動きがとても綺麗でした。
同僚のお子さんは指先など細かい部分まで神経が行き届いていて、素敵でした。
有名な『四羽の白鳥の踊り』では、腕の角度も首の角度もきれいに揃っていて感動しました。
楽器の演奏と同様バレエでも、ソロよりもアンサンブルを揃えるのは難しいと思います。ソロはちょっと速く動いてしまってもブレてしまってもある意味ごまかしがききますが、アンサンブルは全員がとにかく集中して合わせなければいけませんからね〜。そんなことを考えながら見ていました。

合間合間に小さい子供たちのちょっとした群舞(って言うのか?)がありましたが、引率のお姉さんたちがカルガモのお母さんに見えましたよ。音楽の拍がわかっていないので動きのきっかけが全くわかっていない子がほとんどでした。日本の幼稚園のように拍に合わせて一緒に手を叩くとか、音楽に合わせてお遊戯をするとか、アメリカの幼稚園では「一緒に動きを合わせて何かする」ことはあまり取り入れていないのかなぁと勝手に想像。このカルガモの雛たちが、10年後には役がついて舞台の中央でソロを踊るようになるんですから、その努力はすごいんですが…。

とてもいい時間を過ごせました。次の発表会も楽しみです。

2017.05.07 Sun 07:47
プロフィール

emmynyaa

Author:emmynyaa
猫と暮らす日々の出来事

カテゴリ
最新記事
最新コメント
過去ログ
リンク
検索フォーム
FC2カウンター