お気楽な猫の毎日
2018.03.  123456789101112131415161718192021222324252627282930  2018.05.
最近見た映画
2013年にクラリネットを再開して以来、映画館で映画を見ることがほとんどなくなりました。週末は「何時に練習に行くか」を中心に動いているのと、翌週の準備をする時間も確保しなければいけないので、映画館で映画を見るための数時間がなかなか確保できなくなってしまったのです。でも、初期の頃からメンバーだったNetflixでDVDを借りて週に1本は映画を楽しんでいます。

さて、以下は今年の2月から3月に見た映画〜。
ネタバレもあるので、これから見ようと思っている人は読まない方がいいかも〜。
アカデミー賞絡みの作品は映画館で見るのを諦めて早々とNetflixに入れてDVDが発売されるのを待っていました。

maudie.jpg『Maudie』(2017)
実在した女流画家の生涯を描いた映画です。絵を描く才能を誰にも認められず家族からも見捨てられて暮らしてたMaudieは無骨な村の男Everettの家に家政婦として住み込みで働き始め、のちに結婚。彼女が描いた絵は次第に世の注目を集めて行きます。精神的な発達障害ゆえに社会からとりこぼされ生きることに苦労しているMaudieと、粗暴で社会性のないEverett。心が通い合ってるのかないのか悩んじゃう場面もありましたが、お互いにお互いを必要としていたんだなぁ…と最後はしみじみしました。


floridaproject.jpg『Florida Project』(2017)
フロリダのディズニーワールドにほど近い場末のモテルに暮らす「流れ者」的な貧しい人々を描いた半ドキュメンタリーっぽい映画です。生きる目的も何もない母親と暮らす6歳のMooneeは大人を手玉にとって小銭を稼いだり、近くにある廃墟同然になっている分譲住宅で火事を起こしたり、次から次へと問題をおこしつつも逞しく生き延びています。しかし、母親が売春、窃盗、暴行と事件を起こしたことから福祉施設に保護されることになってしまうのでした。住み着いてしまった人々にうんざりしながらも世話を焼くモテルのマネージャーを演じたWillem Dafoeの疲れた演技が秀逸でしたが、この子供達、貧しい家族の置かれた状況があまりにも現実味を帯びていて、娯楽としては楽しめませんでした。


ladybird.jpg『Lady Bird』(2017)
カリフォルニア州サクラメントに住む高校生Christine (= Lady Bird)。稼ぎのない父親とそれを補うために一家を支える母親。Christine は何とかしてこの家を離れて、できるだけ遠くの大学に入りたいと願っているのですが、母親は猛反対し、Christineを否定するようなことを言いまくります。私はこの母親に自分自身の母親が重なって見えてちょっと疲れました。最後はなんだかHappy Endingのようにまとまるのですが、そこがなんだか嘘くさい…ま、映画だからね。


callmebyyourname.jpg『Call Me by Your Name』(2017)
1980年代、イタリアの小さい村でバカンスを過ごしている一家の元に、アメリカ人の若い研究者が下宿することになります。一家の息子17歳のElioとアメリカ人青年Oliverは次第に惹かれ合うようになります。Elioの両親が息子の同性愛に対してものすごくsupportiveで驚き…。二人の揺れる心やふれあい、別れ…何もかもがすごく繊細に描かれていて美しい映画でした。


shapeofwater.jpg『The Shape of water』(2017)
アカデミー賞受賞作。Maudieを演じたSally Hawkinsがこの映画でもいい味を出していました。アマゾンで村人から神と崇められていた半魚人が捉えられて、アメリカ軍の研究施設に連れてこられたところから物語が始まります。研究施設の清掃係として働いているElisaは幼い頃に犯罪に巻き込まれたことから言葉が言えませんが、彼女と半魚人は言葉を超えてお互いに惹かれ合うようになります。研究のために殺されそうになった彼を施設から逃がしアパートに匿うElisaですが、追っ手が迫って来るのでした。久しぶりにファンタジーを見ました。夢を見ているかのような、とても美しい映画でした。


threebillboards.jpg『Three Billboards Outside Ebbing, Missouri』 (2017)
アカデミー主演女優賞受賞作品。Frances McDormandは『Fargo』(1996)でも主演女優賞を受賞しましたが、犯罪をテーマにした映画なら『Fargo』の方がまだちょっと笑える要素があって好きかも。この映画は暗い…憎しみと悲しみと差別、偏見がどろどろ〜っとしてて、ちょっと息苦しい感じでした。でも、Frances McDormandを始めとして出演している俳優の演技はすごくよかったです。

以上、話題になった映画を続けざまにみましたが、この中では私は『The Shape of water』が一番良かったな〜。
映画でなければ表現できないファンタジーがあり、でも、その中に訴えかけてくる強いメッセージを感じました。半魚人とElisaが今は青く深い水の中で幸せに暮らしているんじゃないか…と想像してしまう、ある意味「大人のおとぎ話」だったと思います。原作の小説もすごくいいという話なので、そちらもいつか読んでみたいです。

2018.03.25 Sun 16:00
それはどうもご親切に…
もう10年以上もNETFLIXを利用しています。
基本的にはDVD1枚を無制限で借りられるというプランで、1か月に$9ぐらいしか払っていません。
忙しいと週に1枚も見られない時もあるので、まぁ、私もNETFLIXもトントンだな…って感じの利用頻度ですかね。

今回、リストの一番にあったのは、もう一度見たいなぁと思ったちょっと古い映画のDVD。
でも、先週届いたDVDはその次にあった映画でした。(あまり気にしていませんでしたが…)
で、今朝メールをチェックしたら、「私のリストの1番の映画はローカルの配送センターにはなくて、ちょっと離れたセンターから発送されました。無料でもう一枚DVDを送ったので、それを見ながら待っていてくださいね。」というようなメールが来ていましたよ。
アカウントを見てみたら、確かに2枚発送されていて、そのうちの1枚が既に手元にあります。
netflix.jpg

それはそれはどうもご親切に…。
最近はスーパーの店頭などに貸出機を設置するredboxというサービスが広がっていているので、NETFLIXも顧客を確保するために頑張っているんだろうなぁ。

おそらく近所に配送センターがあるので、見終わったDVDを返却のために朝自宅の郵便箱に入れておくと、翌日にはセンターから次のDVDが発送されその翌日には届く…というサイクルが確立されています。このサイクル以上にDVDを見ることはまずないので、NETFLIXのサービスには何の不満もありません。

今回の対応も素晴らしい!
私は仕事帰りにスーパーに寄るのが好きじゃないし、redboxの前に見知らぬ人と並んだりするのが苦手なので、これからもNETFLIXです。

2016.07.25 Mon 09:11
最近見た映画2本
『Paper Towns』(2015年、アメリカ)
papertowns.jpg
子供の頃に向いに引っ越して来たMargoのことがずっと気になっているのに、真面目なQuentinは自由奔放なMargoとは遠くなって行くばかり。高校卒業間際のある日家出をしたMargo。Quentinは親友のBen、Radar達と、地図にしかない架空の町(Paper Town)に向います。Paper Townとは、実際には町としての実態がないのに、地図を出版する会社が著作物の目印として載せる架空の町のことだそうです。へ〜。ず〜っと一緒だった友人たちとの別れが近づいているセンチメンタルな時期を捉えた、ちょっと甘酸っぱいストーリーでした。


『Mission: Impossible: Rogue Nation』(2015年、アメリカ)
missionimpossible.jpg
言わずと知れたトム・クルーズ主演のシリーズ5作目。IMFが解体されてCIAに吸収される?そんな危機の中、IMFと敵対するスパイ組織シンジケートの黒幕を暴くためにイーサン・ハントが大活躍。組織としては解体されてしまったのに、彼をサポートする仲間たちもいい味出してました。個人的にはウィーンのオペラ座を舞台にしたシーンがよかったです。舞台でTurandotが上演されている中での格闘シーンは流れる歌声とともに盛り上がって行きます。

2015.08.06 Thu 08:47
日本で見た映画
日本への往復の機内で2本、日本滞在中に2本映画を見ました。

tsukuroi.jpg機内で見た映画、『繕い断つ人』
ありえないぐらい退屈…。
どこで盛り上がるんだろうなぁ…と思いつつ最後まで見ましたが、何も盛り上がることなく終わりました。
え?


umimachi.jpg日本で見た映画、『海街diary』
これは多分吉田秋生の原作の方が面白いに違いない。
映画はまったりし過ぎてて、腹違いの妹やその母親との間に何の軋轢もなくて、ある意味平和な、ある意味現実味に欠ける展開でした。


an.jpg日本で見た映画、『あん』
樹木希林がもう全てを越えている域にいて、映画のスクリーンからその圧倒的な存在感が溢れて来る映画でした。実のお孫さんも出演してるんですよね。演技はぎこちなかったですが、顔がもっくんそっくりで、不思議な雰囲気の女優さんでした。演技力を磨けばきっといい女優さんになると思います。


kokusaiichiba.jpg帰りの機内で見た映画、『国際市場で逢いましょう』
日本ではまだ限定公開だそうで、今月中旬から全国ロードショーかな?
朝鮮戦争から現在まで、主人公の苦難に満ちた人生を描いています。朝鮮半島の現代史をもっと勉強してみたくなる作品でした。


2週間ちょっとの滞在だったのに、なかなか充実した映画ライフでした。

2015.07.05 Sun 09:35
週末見た映画
『Whiplash』(2014年、アメリカ)。
鬼のような指揮者に虐待なんじゃないの?っていうぐらいしごかれ、精神的に追いつめられて行く音楽大学1年生のアンドリュー。まるで『Black Swan』のバンド版のような、キリキリした場面の連続でした。予告編の中にも出て来ますが「Good Jobという言葉ほど有害なものはない!」と言い切る指揮者。私も実はそう思います。大したことしてないのに大げさにGood Job!って褒めちゃうんですよね〜、アメリカ。だから変に自己満足しちゃって伸びないんだよね〜。それにしても最後のドラムソロがすげーかっこいい!!鳥肌が立ちました。


『The Imitation Game』(2014年、イギリス)
第二次世界大戦中のドイツの暗号解読に挑んだ数学者を描いた実話に基づいた映画です。ドイツ軍が使用していた、解読不能と言われた暗号エニグマ、毎日設定が変わり、その日の終わりまでに解読しなければ一日の全ての努力が無駄になってしまうという過酷な状態の中で、主人公達は戦争の早期終結のために暗号解読の機械を開発するために必死で取り組みます。主人公アラン・チューリングは、コンピューターの概念を創造した人物ですが、当時ゲイはイギリスでは法律で取り締まられていたために不遇な最後を遂げます。

これで、今年のアカデミー賞の作品賞候補で、見ていないのは『Selma』だけ。来週、見に行こうかなぁ。

2015.02.02 Mon 10:22
いや〜、面白かった。
『The Interview』(2014年、アメリカ、12/25/2014)

クリスマス公開予定の映画の中で一番見たかったのに、北朝鮮によるサーバー攻撃と映画館へのテロ予告でSONY Picturersが上映中止を決定。そのままお蔵入りか?と思われていたのに、一転してクリスマス公開、ネット配信が決定…という大騒動があった映画です。
近所の映画館に足を運んで周りの皆さんと笑いを共有することも考えたんですが、上映館と上映時間が限られているのでなんだかとっても混んでそう…。結局、昨日の夜、YouTubeで見ちゃいました。

荒唐無稽なハリウッドらしい馬鹿馬鹿しい映画です。笑えた〜!!
でも、実在の国家の指導者をそのまま暗殺しちゃうわけで、関係国としては不愉快だわね。だからと言って映画館へのテロ予告は論外。これが「アメリカ人の怒りのツボ=言論の自由の侵害」をバッチリ押してしまったので、普通に公開されてたら他の名作に押されて数週間でロードショーから消えていたかもしれないのに、今年最大の話題作になり、ネット配信を含めた観客動員は激増したはず。結局いい宣伝になったのか?でも、ネット配信に加わったXboxもログイン障害に見舞われたり、SONYのプレステのゲームシステムにも障害が出ているらしいので、これからもこの映画関係のサイバーテロは続くと見た…。


2014.12.26 Fri 08:39
日本で見た映画
『アナと雪の女王』
frozen.jpg
ディズニーの『Frozen』を日本語吹き替えで見ました。
松たか子と神田 沙也加の歌がすご〜くよかったです。特に神田 沙也加、これまで「松田聖子の娘。親の七光り」としか見ていませんでしたが、アナの歌声がすごくフレッシュでいい感じでした。
日本では各地方言での歌も作られたりして色んな意味で楽しまれているみたい。英語じゃそんな遊びできませんもんね。

『超高速!参勤交代』
sankinkotai.jpg
磐城の湯長谷藩、弱小藩でただでさえ財政が厳しいのに、参勤交代から戻ったばかりの藩主・内藤政醇は5日以内にまた参勤交代で江戸城に参上するように命じられます。江戸幕府老中・松平信祝が、湯長谷藩が所有する金山に目をつけ、無理難題をふっかけてきたのです。藩の存続がかかった参勤交代、しかし時間も費用もない…そこで、要所要所の宿場だけは借り物の行列でごまかし、藩主と主要な家臣達は山中を駆け足で江戸を目指すという珍道中が始まります。
実在した藩ですが、この参勤交代の話はフィクションのようです。でも、貧しい農民達にも分け隔てなく温情を与える(ちょっと暢気な)殿様の姿はあっぱれです。映画の最後に、八代将軍吉宗が献上された大根の漬け物を食べながら「政(まつりごと)をおろそかにして、磐城の土を汚してはならない」と内藤政醇に語りかけるシーン、磐城(=福島)の現状を思うとグッと来ました。


『テルマエ・ロマエ II』
楽しかったけど、展開が予想できすぎちゃって…。
オリジナルのような抱腹絶倒の面白さはありませんでした。続編は難しいね〜。

2014.07.01 Tue 09:58
Aftermath
『Aftermath』(2013年、ポーランド、4/28/2014)
aftermath.jpg
Yom HaShoah(Holocaust Memorial Day)の夜、大学主催の『Aftermath』という映画の上映会に行ってきました。

20年前にポーランドからアメリカに移住したFranekは、ポーランドに残った弟Jozekの妻子が弟を残してアメリカに渡ったことを知り、久しぶりに故郷を訪ねます。Jozekは村の道路の舗装や教会の敷地内の敷石として使われていたユダヤ人の墓石を掘り起こし、自分の麦畑に移築していて、そのことで村人から数々の嫌がらせを受けています。しかし、Jozekは「人として正しいことをしなければ」と、自分のお金を出してまで墓石を集めるのでした。村人達が示す底知れない憎悪に違和感を覚えたFranekは村の図書館で土地の権利書の変遷を調べるうち、現在の農場のほとんどがかつてはユダヤ人家族の土地だったことを知ります。やがて二人は、自分たちの村に住むユダヤ人が、ナチスの強制も何もない状態で村人達に虐殺されたこと、そして自分たちの父親がその首謀者だったことを突きとめるのでした。

ポーランドの寒村で実際に起こった、ポーランド人によるユダヤ人住民の虐殺事件(イェドヴァブネ事件)を題材にした映画ですが、戦時中の場面はありません。ユダヤ人が迫害されたり連行されたりする様子は全く出て来ないのに、これまで見たホロコーストを描いた映画のどれよりも恐怖心を煽る映画でした。ポーランドの薄暗い森、それよりも暗い人間の罪深さにとても後味が悪くなる映画です。でも、人間は欲のためなら、たとえ敬虔なクリスチャンでも非道なことをしてしまうんだ…ということから目を背けないためにも、見に行ってよかったです。

2014.04.29 Tue 12:30
The Wolf of Wall Street
『The Wolf of Wall Street』(2013年、アメリカ、4/6/2014)
wolfofwallstreet.jpg
1990年代に不正な株取引で巨額の富みをなし、その後投獄されたJordan BelfortをMartin Scorseseが描きました。主演は(この作品でアカデミー賞を狙っていたと言われる)Leonardo DiCaprio、他の作品でアカデミー賞を受賞したMatthew McConaugheyもJordanに投資家に株を売り込む方法を教え込んだ投資銀行の経営者として出演しています。

得体の知れないペニー株を50%もの手数料を取って無知な素人投資家に売りつけることで富みを築いていくJordanとその仲間達のすることが、とにかくえげつない…。会社のパーティーにはストリッパーが勢揃い、他にも「なんだこりゃ〜」というお下品なことの連続で、「成り上がり者って結局こうなのね…」ということがよく分かる映画でした。

Leonardo DiCaprioの演技は、相変わらず"Leonardo DiCaprio"でした。彼は自分の殻が破れない人なんでしょうね。その点トム・クルーズと通じるとことがあるなぁ。途中、薬物で呂律が回らなくなったシーンだけは、若かりし日の『What's Eating Gilbert Grape』での名演を思い出させてくれました。ジョニ・デップもあの頃の演技がピークだったなぁ。(遠い目…)

2014.04.06 Sun 07:59
Dallas Buyers Club
『Dallas Buyers Club』(2013年、アメリカ、3/9/2014)

先週のアカデミー賞授賞式でMatthew McConaugheyが主演男優賞を、Jared Letoが助演男優賞を受賞した『Dallas Buyers Club』を見ました。二人とも名演。アカデミー賞受賞、納得です。
dallas-buyers-club.jpg
1985年、HIVが蔓延し始めた頃のダラス。カウボーイとして荒っぽい生活を送るRon WoodroofはHIVに感染していると診断され、余命1か月と宣告されます。新薬の臨床試験のための被験者にも選ばれず、昔からの友人にも背を向けられたRonはメキシコに行けばアメリカでは承認されていない治療薬が手に入ることを知ります。しかも、それらはアメリカで開発されようとしている新薬よりも毒性がなく安価に手に入るのです。薬を大量に買い付けてダラスに戻り、同じ病に苦しむ患者をメンバーとして募って薬を頒布するグループを始めるのですが、FDA(食品医薬品局)はことごとくRonを邪魔しようとします。

当時、「HIV感染=死」という図式が医師の間にもあり、現在のHIVでもAIDSの発症を抑えて生き延びるという考えとはかなり隔たりがあったことがわかります。また保守的なテキサス州では同性愛者に対する差別も強く、感染者には非常に生き辛い状況だったんでしょうね。結局RonはFDAに負けてしまうのですが、診断から7年後の1992年に没するまで生き続けます。


ところで、Rayon役のJared Letoはこんな映画にも出ています。
偶然1週間ほど前に見たのですが、Nemoの人生のどの部分が真実でどの部分が空想なのか、ちょっと頭の中がぐにゃっとしちゃう不思議な感覚の映画でした。これもおススメです。

2014.03.09 Sun 10:07
プロフィール

emmynyaa

Author:emmynyaa
猫と暮らす日々の出来事

カテゴリ
最新記事
最新コメント
過去ログ
リンク
検索フォーム
FC2カウンター