お気楽な猫の毎日
2017.10.  123456789101112131415161718192021222324252627282930  2017.12.
ToscaのA管
先日、eBayで買った中古のToscaのA管がようやく昨日届きました。

ToscaのA管は鳴りがものすごくいいです。まるでB♭管を吹いているかのようにす〜っと息が入って音になる感じ。何の力みもいりません。(大学時代にA管ばかり吹いていた頃と同じ感覚)でも、音は深みがあり、やっぱりA管。そして、音の立ち上がりのよさや歯切れの良さはB♭管みたい…初めて吹いた感想は、こんな感じ。
最初にだ〜っと吹いてみて思わず口から出たのは、「ま、いいんじゃない?」…なんという表現力のなさ。売主さんはこのA管がどんなに素晴らしいかをメールで力説していましたから、私の「ま、いいんじゃない?」を聞いたら泣き崩れてしまうかもしれません…。

半音階最初の1往復は、トーンホールの位置やキーの位置に戸惑いましたが、スケール、アルペジオなどを練習して、徐々に慣れて来ました。曲も大丈夫そうです。1つだけ、「これは気をつけて練習していかないとなぁ」と思ったのは右のトリルキーの位置が今までよりも高いこと。ということは、右のトリルキーを使ったシ♭から下のファにスラーでつなげたりする時に、人差し指が動く距離が違うということです。
key-position.jpg
(上がR-13、下がTosca。トリルキーが全体として上にあり、形がかなり違います)

今回の曲には短いソロの中にまさにその音列があるので、最初は「え、何でスラーが切れちゃったかな?」と驚きました。でも、原因と注意するポイントさえわかったら、後は練習して慣れるしかありません。

後は、大したことではありませんが、EsキーとEsレバーがどちらもやたら軽いこと。せっかくついているlow F補正キーが絶対に私の小指が届かない位置にあること。(これは一生使えないかも…) 下管左側のEsレバーが(幸いなことに?)私の左小指が普通には届かない位置にあるので、今回は全くその存在が邪魔にならないこと。でも、将来的にはこのキーを活用したいので、ここは要練習かもしれない…。

昨日、今日と吹いて気がついたのはこんなところでしょうか。

11月29日の演奏会ではRousselのDivertissementは新しいA管で吹けるように調整していこうと思います。あまりにも気持ちよかったのでBrahmsの五重奏曲もちょっとだけ吹いてみました。中音域の音のモッサリ感がなく、どの音も私が意図した音色と音量、タイミングで鳴ってくれることに感激です。冬休みはToscaでA管の曲を吹きまくろうと思います。

2017.11.19 Sun 14:49
か、買っちゃった〜!
な、なんとアメリカのオークションサイトに出ていた中古のToscaのA管を買ってしまいました。
この2週間ほど延々と迷っていた楽器で、当初$5,299だったのが一度期限が過ぎて売れなかったのですが、再出品で$5,499に値上がり。(売れなかったのに値上がりっていうのも意味不明ですが…)
2度目の出品の時に、Best Offerを出して何度か売主さんと交渉したのですが不成立…。

「仕方がない、ご縁がなかったんだね〜」と諦めていたんですが、今朝ちらっと見たら$5,000以下になっていたので思い切ってポチりました。送料込みで$5,039、オークションなので非課税です。この非課税って大きいかも…。

最終的に決断した理由は、2014年の始めに中古で買った現在のA管で抜けの悪い音が数カ所あり、それが日本でクラリネット専門の工房に持ち込んでも治らなかったこと。かれこれ1年以上何とか自分なりに工夫して演奏していますが、でもそのせいでリードを選ぶし、演奏にも不満が残ること。

でも、「この先何年クラリネットを吹き続けるだろうか?あと数年、しかもA管なんかそんなに吹かないよね…」とも思ったり、「私が好きなBrahmsを演奏するにはA管はMUSTだよね」とも思ったり、「Toscaの音ってそんなにいいかな?」と疑問に思ったり、まあ、ありとあらゆることを考えた上での決断です。

ものすごく期待しているのは左のEsレバー。以前SelmerのSignatureを買って試奏をした時にはその違和感に「げげっ」と思いましたが、最近、左右の小指の担当が厳しい曲を吹いているので、「あったら便利だよね」とずっと思っていました。そして、今の楽器がニッケル・メッキなのに対して、Toscaは銀メッキなので、その辺の音の変化も楽しみです。

逆にどうかなぁ…と思っているのはToscaの音色が私の好みに合うかしらってこと。今まで「Tosca、いい音だな」って感じたのがプロとセミプロの奏者二人だけで、それ以外は「Toscaでも結局はその人の技量なりの音しかしないのか?いや、むしろアラが丸聞こえなのかもね」という感想だったので、自分の音色がどんな風に鳴るのか不安も残ります。

きっとこのToscaが自分のA管としては最後の楽器になると思うのですが、実はSelmerのSignatureのまろやかな音が忘れられなくて、それだけは心残りです。
Signatureを試奏して音が好きだったのになぜ返品したのかというと、当時の私の吹き方ではピッチが440まで上がらなかったこと(復帰後半年そこそこだったので息の圧の問題だな)、独特のトーンホールにカケ(の予兆)が見られて耐久性が不安だったことが理由です。その個体特有のものだったのか、今は改善されているのか、その辺は不明ですが…。

先ほど売主さんから丁寧なメッセージをもらったので、きっと来週の後半には届くものと思われます。
楽しみ、楽しみ〜。

あ〜、車(2002年製のVolkswagenのGOLF、15歳)の調子も悪くて、そろそろ買い替え時かぁと思っていたのにさ〜。車は来年だな。

2017.11.11 Sat 12:25
Emma Lou Diemer、素晴らしかった!
今日の午後は、教会で行われたコンサートに行って来ました。
Emma Lou Diemer、私が勤務する大学の音楽科の作曲の教授だった作曲家、御年90歳!
その誕生日をお祝いするコンサートでした。

ダウンタウンにある石造りの教会、ずっと綺麗だなぁと思っていましたが、中に入ったのは初めてです。
SBMC-concert.jpg

ステンドグラスが美しく、奥には立派なパイプオルガンもありました。

これは今日のプログラム。
diemer.jpg

全曲が、1991年に大学の仕事を引退してからの作品でした。最初のピアノソロは青春時代のそわそわと落ち着かない気持ちを感じさせる、ちょっと切ない感じの曲。バイオリンとピアノの曲は水彩画のようなさらっとした美しさがあり、ピアノのデュオは心の中をえぐられるような深い響きがあり、最後のオルガンの曲はガツンと殴られたような衝撃すら感じる曲でした。

Emma Louは本当に小さいおばあちゃんなのですが、演奏を始めると全くの別人。
その情熱的な演奏に驚かされました。

このコンサートは地元の音楽愛好家の団体が主催している無料のコンサートだったのですが、ここ数年聞いたどのコンサートよりも感動しました。いつかはEmma Lpu Diemerの作品を演奏したいです。バイオリン、クラリネット、ピアノのトリオがあるんですよね〜。ECMの先生も嫌いじゃないはずだと思うのですが、ECMの演奏会では取り上げてもらえないでしょうね…。残念…。

2017.11.04 Sat 20:04
Zubin Mehta、お茶目さんだった。
今夜はIsrael Philharmonic Orchestraの演奏会を聴いて来ました。
指揮はZubin Mehta。

プログラムは:
Amit Poznansky: “Footnote”, Suite for Orchestra
Mozart: Symphony No. 36 in C Major, K. 425 (“Linz”)
Schubert: Symphony No. 9 in C Major, D. 944 (“The Great”)
(アンコールは”フィガロの結婚”序曲)

私は1曲目が一番楽しかったです。MozartとSchubertはどちらもまったりしちゃって…。
でも、演奏は素晴らしかったです。特に弦楽器の音の厚みがすごかった!
光沢のある滑らかなベルベットのような音、柔らかくて触れたらす〜っと肌の上を滑っていきそうな美しい音でした。

2曲目にZubin Mehtaが指揮台に乗る時にコケちゃって、会場もステージ上のオケの団員も息を飲みました。息を飲む音が聞こえるぐらいの驚き…。
でも、ちょっと手をついちゃっただけでご無事でした。
そして3曲目にステージに登場した際には指揮台の上でよろける演技をしてニヤッと笑っていました。ジジイなのに、お茶目さん。

最後の曲は管楽器が2管編成で合計8人、これが弦楽器のトップの前に丸く座るという初めて見た並び方でしたが、そのおかげで管楽器のアンサンブルが本当にいい感じにまとまっていました。確かに雛壇上に前後に座ったんじゃ合わせにくいですもんね。

いや〜、いい演奏を聞きました。
久しぶりにオケで演奏したくなっちゃった。

2017.11.01 Wed 22:28
今年度もらった曲
2015年から続けている大学の現代音楽のクラスも3年目。
今年は先生の方針でソロよりもアンサンブルを中心にということなので、他の木管楽器とのアンサンブル曲を3曲もらっています。
    Albert Roussel: Divertissement (flute, oboe, clarinet, piano, bassoon, hornの6重奏)
    William Bergsma: Four All (clarinet, trombone, cello, percussionの4重奏)
    Witold Lutoslawski: Trio (oboe, clarinet, bassoonの3重奏)

RousselのDivertissementはすでに2回合奏があって、曲の雰囲気もつかめたし、あとは連符を速いテンポで吹けるように仕上げること、速いテンポでのスタッカートをできるだけ鋭く短くすること等、どこをどうしていけばいいのかがわかっています。

残り2曲が結構大変…。
BergsmaのFour Allは音源がなくて何がなんだか…楽譜もこんなだし…。
Bergsma.jpg

アルティッシモ音域とシャリモー音域を行ったり来たりする跳躍がたくさんあり、しかも自分の中での最高音をさらに更新して上第6線のシの音が出て来てしまいます。基礎練習では出せている音ですが、曲の中で一発で当たるかどうかは微妙…。練習していると自分の音が脳に突き刺さる感じで消耗が激しいです。

LutoslawskiのTrioは途中ソロになって「剥き出し」な部分が延々とあって、割とクラリネットの負担活躍が多い曲ですが、3つの楽章があるのでまだ手もつけられずにいます。これは先生に泣きを入れて冬休みに練習させてもらいましょう。今は練習時間が取れなくて無理です。

そんなこんなでブラームスとかシューマンとかロマン派の音楽が好きなのにどっぷりと現代音楽にはまっている状態です。勉強になるからいいんですけどね〜。こういうのはおじさん、おばさんの趣味の集まりじゃ絶対にできないし、いい機会だと思って頑張ります。

2017.10.16 Mon 06:58
夏休みに頑張ったこと
6月上旬に始まった夏休み、ほぼ毎日水中ウォーキングとクラリネットの練習をしていました。
今日までにどれぐらい練習したのかな?…と、練習に行った日数を数えたら98日でした。
毎回1時間半〜2時間は練習しているので、結構な時間練習したことになります。

関節リウマチのリハビリのつもりで練習をしていたのですが、どうだったんでしょうね〜。
練習を休み続けて「吹かないことが当たり前」になるのが怖かったのもあるし、練習を休んだ状態で症状が落ち着いてしまったら「吹いたらまた関節が痛くなるのかな」と不安になって再開できなくなるかもしれないと思ったので、演奏技術の向上というよりは「練習に行く。クラリネットを吹く」という習慣を崩さないために練習を続けていた感もあります。

この夏に練習したことは:
  1. flutter tonguing。もっとコントロールが必要ですが、「できるようになった」と言っちゃう。
  2. Bernsteinのクラリネットソナタ
  3. LutoslawskiのDance Preludes
  4. PiazzollaのTango-Etudesの2番と3番
  5. Brahmsのクラリネットソナタ1番と2番
  6. BergのFour Pieces (flutter tonguingはこの曲のために必要だった)
  7. ChyrzyńskiのQuasi Kwazi (これは来年Quasi Kwazi IIIと一緒に完成予定)

他には全調のスケールとそれぞれのバリエーションを1巡しました。これが一番勉強になったかも…。

全体的には「練習しなければいけないこと/した方がいいこと」と「練習していて楽しいこと」が両方できて、いい夏休みだったのかなぁ。仕事が始まってもストレスや疲労をうまくコントロールしながらリウマチの症状や薬の副作用を抑えて、いい感じに練習を続けていきたいと思います。
きっと何とかなるさ〜。

2017.09.27 Wed 20:31
チケット買っちゃった〜!
勤務先の大学の文化事業部門はなかなかいい仕事をしてくれます。

今日の午前10時が新年度の各種イベントのシングル・チケットの一般発売日だったのでチケット・オフィスの列に30分並んで買いました。

新年度のお楽しみは、とりあえずこの2つのコンサート。
オンラインで購入しようかどうしようか迷ったんですが、チケット購入のサイトは接続が悪かったようなので並んで正解だったかも。
どちらも「一番高いランクの席でも買っちゃうわ〜」と思っていたのですが、直前になって「上から2番目のランクの一番いい席はどこかを確認してから決めよう」と思い直して作戦変更。これも大正解!2番目のランクですが、予想よりずっといい席が予定していた金額よりも安く手に入ったので大満足です。
tickets.jpg

列に並んでいた人々のお目当は、前副大統領のJoe Bidenの講演のようでした。一番下のランクの席は早々に売り切れてしまって、友達や家族に慌てて電話をして「もっと値段の高い席しかないけど、どうする?」というやりとりをしている人が多かったです。

2017.08.05 Sat 11:17
演奏会、終わりました。
5月31日、所属するEnsemble for Contemporary Music(ECM)の春の演奏会が終わりました。

ず〜っと関節の痛みと戦いながら練習をして来て、一時は「もうできない」と先生に言ってプログラムから外してもらった方がいいのかも…と思うこともありましたが、最後まで頑張ってよかったです。

演奏したのは、Françaixのクラリネット五重奏。
私が惚れ込んで、先生に「いつかこの曲をやりたいです」と持ち込んだ曲です。4月の半ばに急に春の演奏会のプログラムに抜擢されて、そこから弦楽器の皆さんと頑張ってきました。

聞いている時には気がつきませんでしたが、各パートが違う拍子で書かれていたりする、アンサンブル的にはなかなか難しい曲で苦労が多かったです。最後の方に、全ての楽章から抜粋したフレーズを集めたクラリネットのソロのカデンツァがあって素敵なのですが、これもまた聞くと吹くとは大違いでした。6回あった合奏練習では一度も成功しなかったのです。でも、ソロの部分なので合奏練習では常に1度しか吹かせてもらえませんでした。「自分でなんとかしろ」ってことよね…そうよね…と必死で練習しました。

当日のドレス・リハーサルでは結構緊張して、普段は大丈夫なのにヤバイところが露見しました。
でも、本番は完璧とは言いませんがいい演奏ができたと思います。
かれこれ1週間以上も人前で吹いていなかったカデンツァは、各グループの割り当て時間が短いドレス・リハーサルではカットされて演奏する機会はなし。
どうなるのかなぁと不安もありましたが、不思議と本番では吹っ切れて、いつもよりも落ち着いて好きなように演奏できました。
演奏が終わって先生と握手をした時に、「よかったよ」と言っていただいて、一瞬ほろっとしました。

今回の演奏会は演奏していることを心から楽しめました。
みんなと一緒に演奏するのは楽しいです。一人では味わえない達成感があります。
ステージ袖に戻った時に、"You did it!"と仲間に褒めてもらって、本当に嬉しかったです。

もう2年も一緒に演奏してきた仲間が卒業してしまうのは寂しいですが、私もその分少しでも前進しなくちゃ…と思いました。
ここから当分の間は関節炎の治療を最優先して、クラリネットの練習は手に負担がかからない程度まで減らす予定ですが、きちんと治療を受けて必ず完治して復帰します!

2017.06.02 Fri 09:37
演奏会まで1カ月!
現代音楽のアンサンブルのクラスの演奏会は5月31日…1カ月後に迫りました。

ここに来て演奏する曲の大きな変更あり。
ずっと練習してきて(さらに数々の事情で常に後回しになってきた)Biggsの『Three Prelude』が日の目を見ことなく消えて、つい最近始めたFrançaixのクラリネット五重奏がプログラム入りです。
Biggs、さようなら〜。
Jazzyな雰囲気が好きだったけど、きっともうステージで演奏することはないと思うよ…。

こんなことになった理由の半分は私にあるんですけどね…。
Françaisのクラリネット五重奏は2015年の秋からず〜っと好きだった曲なので、去年の夏休みに難しそうなところを練習してみて、「もしかしたらできるんじゃないかな」と思ったところで現代音楽のアンサンブルの先生に「これやりたいです!」と申し出たんです。先生も何気にこの曲が気に入ったらしく、今年度のクラスのレパートリーのリストにも載せてもらいました。でも、クラスにビオラ奏者がいない…だから「今年は無理だね」とお互いに納得していたんです。ところが、バイオリン奏者の学生が「最近ビオラも始めたの」ということで急展開で合奏のスケジュールが入り、あれよあれよとプログラム入り…。

私も難しいですが弦楽器も小難しい箇所があるので、学生さんたちはどう思っているんだか…?
「卒業を目前に控えた学生さんたちには好きな曲を選ばせてあげてくださいね。Françaixは何度か合奏できただけで十分幸せです」と先生にメールをしたのは先週の金曜日。そして、土曜日には「もうBiggsはいいからFrançaix最優先で練習して」と返事が来ました。

そう来たか!?

先生もFrançaixが好きだったんだね…。
このチャンスをありがたく頂いて、1カ月後の演奏会に間に合うようにしっかり練習しようと思います。

2017.05.01 Mon 07:50
Itzhak Perlmanのコンサート
昨日は大学の文化事業が主宰するItzhak Perlmanの『In the Fiddler's House』というコンサートに行ってきました。このコンサート・シリーズは満20周年を迎えたそうです。

perlman.jpgステージにはバイオリン、弦バス、アコーディオン、ピアノ、パーカッション、トランペット、トロンボーン、クラリネット、マンドリン、ボーカルと多才なメンバーが勢ぞろい。

プログラムはユダヤの宗教的なお祭りや結婚式で使われる音楽をアレンジしたものが中心で、ユダヤ人の人にとっては馴染みのあるものだったようです。曲は東ヨーロッパ的な土くさい感じの力強い響きがあり、演奏はかなりエネルギッシュ。途中、何曲かはダンス・ナンバー(?)もあって、町のユダヤ人の人々が手をとって賑やかに踊る場面もありました。


Itzhak Perlmanは電動スクーターに乗ってステージに登場し、立ち上がって演奏することはありませんでしたが、その演奏には人をぐいぐい惹き付けるエネルギーがありました。

踊っていた町のユダヤ人の人々の中には、おそらく第二次世界大戦中にヨーロッパから逃れて来た人もいるでしょうし、親類がホロコーストの犠牲になった人もいるのでしょう。でも、その生き生きとした表情に民族のパワーを感じました。この民族が滅びなくてよかった…と思いました。ユダヤ人でもイスラム教徒でも、古から自分たちの文化を脈々と守り続けている人々が、一時の政治的な決断で差別されたり迫害されたりすることがあってはならないのです。

あ〜、いいコンサートでした。 

2017.01.24 Tue 06:52
プロフィール

emmynyaa

Author:emmynyaa
猫と暮らす日々の出来事

カテゴリ
最新記事
最新コメント
過去ログ
リンク
検索フォーム
FC2カウンター