お気楽な猫の毎日
2017.08.  123456789101112131415161718192021222324252627282930  2017.10.
皆既日蝕を巡るあれこれ in USA
皆既日蝕が見られるのはアメリカ大陸のほんの一部でしたが、大陸を西から東に横断するのは99年ぶりだとかで大盛り上がり。テレビのニュースでは数週間前からソーラー・グラスをどうやって手に入れるか、皆既日蝕が観測できるエリアのホテル代やレンタカー代がどれだけ高騰しているかなど日蝕の話題で持ちきりでした。わくわく。

私もAmazonで買いましたよ〜、ソーラー・グラス。で、家に配達された数日後にはAmazonから「製造元から安全の確認が取れないので使用しないでください。返金します」とメールが来ました。なんということ!はい、もちろん中国製です。製品ページにはちゃんと安全規格を満たしているという記述がありましたが、そんなこと誰にでも書けますもんね。騙された!

さて、カリフォルニア州の中部沿岸地方は海からの雲が空を覆ってどんよりした曇り空。天気予報を見ると、日蝕の時間帯には晴れそうもない予報だったので、諦めてテレビでの中継を見ていました。
「あ〜、オレゴンでは今が皆既日蝕なのね〜。部分日蝕ぐらいは見られると思っていたのに…」と残念な気持ちで、それでも諦められずにベランダに出てみたら、おぉ、見えるじゃないですか!!

雲が薄れたところから少しだけ見えた日蝕です。
eclipse_2017082203175958a.jpg

次の日蝕は2024年だとか。その年にアメリカにいるかどうかは謎ですが、今度はちゃんとしたソーラー・グラスを手に入れて万全の態勢で臨もうと思います。

2017.08.21 Mon 14:46
算数が出来ない人々
昨日、ちょっとした買い物でKmartに行きました。

買い物の合計額が$17.94。
最初は手持ちの小銭で94セント出せるかと思ったのですが、何だか面倒になって、でもこれ以上小銭を増やしたくなくて、レジのお姉さんに$20.04を渡しました。お釣りは$2.10、$1札が2枚とダイムが1個戻ってくる計算です。
ところが、レジのお姉さんは何を思ったのか$24.04と打ち込んでしまったようで、レジの引き出しから$6.10を私にくれました。($5と$1のお札が各1枚とダイムが1個来ました。)
いくら最近呆けている私でも、貰い過ぎだということが分かる金額だったので、「お釣りが多すぎるんですけど。私のお釣りは$2.10ですよ」と正直に申告しました。
そこからが大変…。
レジのお姉さんは自分が打ち込みを間違えたことは分かってくれたのですが、正しい釣り銭の金額が分からない。そして、一度締めてしまったレジの引き出しを開けるためにお店の偉い人を呼んだんです。

待つことしばし、お店の偉い人が登場。
ここから更に混乱。

レジのお姉さんが「$20を$24と打ち間違えたので…」と説明しているのに、お店の偉い人は事情が分からない…。
「それがお客さんのお釣りですから…」と言われて、「そんなに言うなら$6.10貰っちゃうよ〜」とも思いましたが、一応「$4多いです」と言ってみました。
するとお店の偉い人、「そうか!$20から$17払うんだから(もはや端数の部分は見てないらしい)、お釣りは$3だね」と、結局$3.10を手渡してくれました。
その時点でレジには長蛇の列ができていたので、「もう$1の違いはどうでもいいかも、私にとっても、お店にとっても…」と思い、そのままお釣りを受け取りました。

アメリカ人は計算が出来ないのは知っていましたが、これほどとは…。
こういう人々にとってレジへの打ち間違いは致命的です。
日本のスーパーのように、レジの機械がお釣りも計算して紙幣と小銭を出してくれるシステムにしないとダメかも…。

アメリカ人、小学校の時に何を勉強してたんだろうか?
数学じゃなくて算数だよ、算数。
この国に明るい未来はないな〜と思いつつ、お店を後にしました。

2015.07.01 Wed 10:18
独立記念日のイベント
独立記念日はアメリカで一番の祝日なので、地元のイベントも盛りだくさんでした。

お昼はダウンタウンでパレード。
独立戦争当時の衣装でパレードしている人々もいましたし、アメリカが一番輝いていた頃(?)のクラシックカーのパレードもありました。ベトナム戦争の退役軍人のおじいちゃん達には観客から盛んな声援がありました。
parade.jpg
夜は花火大会。
地元の花火は30分1本勝負で、日本のような手の込んだ仕掛け花火はなく、とにかくどんどん打ち上げるという形式です。
一応写真撮影もしてみましたが、花火を撮るのはやっぱり難しい…。
fireworks.jpg
家に帰ったら、花火の音が怖い女王様はベッドの下にお隠れになっていました。
テレビではニューヨークの豪勢な花火大会の様子が愛国心をくすぐる歌をBGMに延々と流れていました。

アメリカって不思議…。
自由の国アメリカを守ってくれる軍人にはすごく敬意を払うのに、退役軍人の中には生活が苦しくてホームレスになってしまう人も多い。子供が遊ぶような花火でも販売は独立記念日の前だけ、花火を楽しんでいいのは独立記念日の夜だけと厳しく規制されているのに銃は野放し。

愛国心を煽る歌の歌詞には「自由の国、愛する祖国、神のご加護」という文句が満載なんですが、アメリカの現状はそんな輝かしいものじゃない。でも、独立記念日を盛大に祝って、そんな不都合なことを全てチャラにしてしまうようなところがあるんだよなぁ、アメリカ人。私はアメリカ人じゃないからそう感じるのかもしれませんが、「もっとすること、しなきゃいけないことがあるだろう」と思わずにはいられない独立記念日でした。

2014.07.05 Sat 08:15
7月4日だっていうのに…
朝起きたら大学から緊急メールが3通。

今朝未明、大学から1㎞ぐらいのところに建設中の大学のアパートが火事になったそうです。
元々小さいゴルフコースだったところを大学が買い取って、教職員用のアパートの建設を始めたのは今年の始めぐらいだったでしょうか。骨組みが出来上がっていた全ての建物が、この火災で全部パーになったとか…。
goleta-fire.jpg

昨日は大学のキャンパス内の建物に不審な荷物が放置されていて、建物から全員避難する騒ぎがあったばかりです。

うちの大学、最近は物騒な話題ばかりだなぁ。
そしてコミュニティーも段々安全に暮らせるところじゃなくなってきたみたい。
前は夜もドアの鍵を開けっ放しで暮らしていたのにね〜(それは不用心過ぎる??)

2014.07.04 Fri 09:08
Deltopia騒動、バカばっかりだ!
春先に大学周辺のビーチに集って酔っぱらう大バカなイベントFloatopiaは2003年に始まったんだそうですが、近年のビーチでの乱行に業を煮やした警察と大学がビーチを閉鎖してイベントを阻止する方向に動き、結果Isla Vistaという学生街の通りで大規模なパーティーが行われるようになったようです。それがDeltopia、Del Playaというパーティーアニマルが集まる通りの名前が、このイベントの名前の由来。昨日は1万5千人がこの町に集まったとか…。

で、夜には刺された人が出たりして警官が駆けつけ、その警官が酔っぱらいに殴られて負傷。交通標識を壊したり、マットレスを持って来て火をつけたりと騒ぎはエスカレートした模様。
11時頃には大学の緊急メールで「Isla Vistaはcivil unrestになっているから近づくな」と連絡が来ました。「はて、civil unrestとは?」と辞書を引くと「争乱?、え、暴動!?」テレビをつけてみたらすごいことになってました。近隣の市町村からも警察が応援に駆けつけSWATチームまで出動したようです。
ニュースの中で「学生達は何を叫んでいるんでしょう。主張は何なんでしょう。もし何か主張があるのだとしたら…」と言われ、案の定叫んでいたのは「USA!USA!」って、やっぱりバカばっかりなの?…なんか情けないね。

実は金曜日の夜から大学は駐車場を閉鎖するなどの措置をしていて、そのために駐車場には係員が夜遅くまで(もしかしたら一晩中)ついていたんですよね。ビーチの閉鎖にだって人員が使われていただろうし、こんなことのために州の税金や大学の予算が使われているんだとしたら本当に勿体無いです。

騒ぎに加担した学生は厳正な処分をしてほしいし、毎度こういう騒ぎの元凶になっているDel Playaという通りを解体してほしいと思いました。

2014.04.06 Sun 08:27
The Nutcracker
今日は12月恒例の『The Nutcracker』の発表会を見に行って来ました。
nutcracker13.jpg
元同僚のお嬢さんたちの上達ぶりは目を見張るほどで、上のお嬢さんが花のワルツのソロで登場した時には感激で涙が出そうでした。
そして、二人のお嬢さんたち、舞台の上では瓜二つ…。雪片のワルツでたまたま前後に二人が並んだ時に「どっちがどっち?」と驚きました。

上のお嬢さんは来年が高校4年生なので、このバレエ教室の卒業も近いんでしょうね。来年は多分最後の『The Nutcracker』だと思うので、どんな踊りを見せてくれるか今から楽しみです。

2013.12.08 Sun 19:37
ハロウィーン
昨日の夕方5時頃に、日系食料品店がある小さいモールに買い物に行ったら、ものすごい人出。
ハロウィーンの衣装を着ている子供が中心なんですが、付き添いの大人まで仮装して、モールにあるお店を次々に回ってTrick or treat!してました。
お店って、ペットショップも洋品店も銀行の支店も全部ですよ。アメリカの銀行は平日は6時まで営業しているのですが、こんなんじゃ仕事にならんだろ…と同情しました。日系食料品店では、気前よく日本のお菓子を配る…わけがなく、中華料理についてくるフォーチュンクッキーをあげてました。

子供たちが盛り上がっているのはまあかわいいとして、付き添いの大人が行儀が今ひとつ…。子供に向って大声で怒鳴っててうるさい。お店の前を平気で塞ぐ。な〜んかね、「小さい子供が一緒で大変だからしょうがないだろ?え、その辺、わかるだろ!」っていう開き直った大人ががモールに溢れていて、ちょっとウンザリしました。

サンタバーバラ在住15年目で初めての経験でした。普段はハロウィーン当日は、翌日からキャンパスに近寄りがたくなるのを見越して翌週の準備に追われてますからね。そう、ハロウィーンがらみで、大学のキャンパスの駐車場は夕方から厳しい駐車規制がしかれ、街中にフェンスがはられてて、ちょっと物々しい雰囲気なんですよ。

ということで、ハロウィーンは何かとめんどくさい行事です。

2013.11.01 Fri 06:36
ASAP
サンタバーバラにはASAP:As Soon As PossibleにかけたASAP(Animal Shelter Assistance Program)という、主に猫を保護している動物保護施設があります。

ここはえみちゃんのお里。
えみちゃんは約1歳の夏にこの施設の前の通りをうろついていて保護されたのですが(前の飼い主がこの辺に捨てたのかもしれません)、施設に保護されてから2か月も売れ残っておりました。えみちゃんは、当時誰にでもシャーシャー言って激しく威嚇する猫でしたからね〜。うちの子になって約13年、今ではすっかり丸くなりましたけどね。
ASAP-Santa-Barbara.jpg
その保護施設では、この週末、成猫の引き取りを促進するこんなイベントが開催されています。
成猫をCertified Pre-owned Car(整備済みの中古車)にみたてたこのポスター、ローカルのフリーペーパーにも掲載されていて、何度見ても笑えます。

猫を飼うことが許可されている住環境かどうかはチェックするのですが、その人の生活環境についてはあれこれチェックが入りません。それがいいか悪いかはともかく、日本のようにチェック体制が厳しくて「一人暮らしはダメ。60歳以上はダメ」ってなると、ハードルが高くてお家が見つからない猫も多いんじゃないかと思います。この条件だと、にゃあ王子もえみこ女王もうちの子にはなれなかったわけですよ。私は一人暮らしですが、全力で王子と王女にお仕えしておりますよ〜。でも、年を経って、自分の身の回りのことができなくなったらお仕えするのは無理なので、王子と王女が最後の猫だと思っていますけどね。

ということで、こういうイベントには行けません。情にほだされて、ふら〜っともう1匹家族を増やしてしまいそうなので、イベントの成功を祈るだけにします。えみちゃんの後輩猫さん、誰かのハートを鷲掴みにして幸せになってね〜。

2013.08.18 Sun 07:27
Christmas Decoration
車で5分ぐらいのところに毎年のクリスマスの飾り付けが凝っている家があります。
夕方通った時に車をとめて写真を撮りました。
christmas-decoration.jpg
このお宅、3年ぐらい前は右側にある長い屋根のところにサーフィンをするサンタがいたりしたのですが、今年は空気を入れて膨らますだけの飾りが多く、この家に住んでいる人も年をとって疲れて来ちゃったのかな〜という感じです。

私が住んでいる通りは、大家さんちの子供たちと同年代の近所の子たちがもう20歳前後になったので、どの家も飾り付けはあっさりしています。軒先にクリスマスライトをつけるだけの家がほとんどです。
今年は、大家さんパパに代わって長男(20)が飾り付けを担当。私の家のベランダを通るのでその都度大家さんから「ベランダを通ってもいい?」って電話が来るのですが、最初の飾り付けが点灯しなかったりして合計3回やり直していました。私が引っ越して来た時にはまだ中学生だったのにね〜。知らないうちに世代交代です。

2012.12.18 Tue 17:30
The Nutcracker
1年を締めくくる、恒例の『くるみ割り人形』の発表会に行って来ました。

今年から会場が変わって、写真、ビデオの撮影が禁止になったのですが、そんな時に限って同僚のお子さんは立派なソロの役がついたりして、「ああ、シャッターチャンスが山ほどあるのに…」と歯ぎしりしながら見ていました。
下のお子さんも今年はトウシューズで踊っていて、「本当に子供の成長ははやいなぁ」と思いました。
nutcracker2012.jpg
先週の水曜日から毎日雨。
もういい加減止むかな?と思わせておいて、またザーザーと降って来る嫌な雨が続いています。

2012.12.02 Sun 18:51
プロフィール

emmynyaa

Author:emmynyaa
猫と暮らす日々の出来事

カテゴリ
最新記事
最新コメント
過去ログ
リンク
検索フォーム
FC2カウンター