お気楽な猫の毎日
2017.10.  123456789101112131415161718192021222324252627282930  2017.12.
素敵な呪文
姪っ子naoちゃんからの貰い物ですが、笑えます。
アイドルグループのファンってなんか健気だなぁ…って思いました。
spells.jpg
ふと思うに、うちの姪っ子はどのような経路でこのページに辿り着いたのでしょうか。
もしかしてファン?
そ、そうだったの??

2014.01.20 Mon 09:34
Nintendo Medley
クラリネットの曲を探してネットをうろうろしていたら、こんな物を発見。
私はそんなにニンテンドーのゲームをしたわけじゃないんですが、でもマリオのテーマを聞くと楽しくなっちゃいますね。いつか演奏してみたいけど、こんな曲を一緒に演奏してくれる人がいるだろうか…。取りあえずはウィームアップの時や基礎練習に吹いてみようっと。

2013.12.01 Sun 06:42
ゆるせない話
最近はまっているのが『人志松本のゆるせない話』。
『すべらない話」みたいに不定期に放送されているのだと思いますが、テレビで見たことがありません。お昼ご飯を食べながら、せっせと動画を探して見ています。

『すべらない話』も面白かったけど、最近はちょっと予定調和的に笑っている気がしてイマイチ。
「いや〜、すべらないですね〜」って出演者が互いの健闘を誉め称えたいがために、「今のはどこが面白かったの?」っていう話でも無理して笑っている感じ。前回の、妹さんの夫をバカにしたような小薮の話なんか聞いていて不愉快だったけど、なぜ「すべらない」ってことで認定されちゃったのか疑問でした。

その点「ゆるせない話」は身近な小ネタがテンポよく続くので、「あるある〜」と共感して笑えます。

2013.10.30 Wed 09:28
ジャーマンシェパード
このワンコはTaz君じゃなくて、最近表彰されたジャーマンシェパードの警察犬ゲルマン号。
police-dog-german.jpg
きりりとした表情が素敵ですが、大家さんちのTaz君だってこういう顔をする時はある。
ボールを投げてくれるのを待っている時。

ちょっと前に鍵をかけ忘れた門扉から逃げ出して人を噛んだジャーマンシェパードもいましたね。かと思うと人様のお役に立って表彰されたゲルマン号みたいなジャーマンシェパードもいるし、Tazのようにのほほんと暮らしているヤツもいる。犬もそれぞれです。結局はちょっとの資質とたくさんの訓練なんだろうと思うけれど、どの犬生が幸せかはわからないなぁ。朝からガラージでだらけているTaz君もそれなりに幸せなのかもしれません。

Taz君、おばちゃん最近忙しくてあまり遊んであげられなくてごめんよ〜。

2013.10.22 Tue 09:25
あんまりな誤字
今朝、午前7時前(米西海岸時間)に毎日新聞を眺めていたら、脱力するような誤字発見。
docomoがついにiPhone発売か…という記事なのですが、それに対するKDDIのコメントをまとめた小見出しがあんまりだ…。
mainichi-goji.jpg
文脈で考えたら「通信の」ですよね。
ウェブコンテントは手軽に更新できるのがいいところなんだけれど、誰か校正する人が必要かも…。

私と姉様間のiMessageで「あ、打ちまつがい…」とか言っているのとはわけが違いますからね。

しっかりしてくれ〜!

2013.09.06 Fri 09:33
Samsung Gear
Samsungが発表した腕時計型デバイス。
ギャラクシーなどと連動して使うんだそうだ。

なんか、ダサい。
文字盤にあたる表面部分にネジ山が四つ見えているなんて有り得ない…。
samsung-watch.jpg

Appleの新作発表会は来週の火曜日です。
腕時計型デバイスには全く興味ありませんが、こういうダサいもんを発表しないことを祈ってます。

笑っちゃったのは「買い物等で両手が塞がっている時に、このデバイスの音声認識機能で通話が始められるのは便利」とか書いてあったレビューサイト。買い物の荷物で両手が塞がってる時には、大抵の場合、荷物が重くて口元まで手首を持って来られませんよ。それとも腕時計に聞こえるように大声を出すの?そういうことなの??

2013.09.05 Thu 22:10
Peter Oundjian
昨日の夜、練習に行く時に車の中のラジオのクラシック音楽チャンネルで、でPeter Oundjianという指揮者についての話を耳にしました。

Peter Oundjianはバイオリン奏者としてのキャリアを極めながらも、悪化する腱鞘炎のために演奏活動を諦めざるを得ない状態になり、その後指揮者に転身したそうです。各地のオーケストラの指揮者を勤めた後、最近ではトロント交響楽団の音楽監督を勤めました。現在は Royal Scottish National Orchestraの音楽監督として活躍しています。

さて、バイオリン奏者から指揮者への転身をはかったPeter Oundjianは、自分がつねに可能性を追い続けられるように次の言葉を忘れないようにしているそうです。
“If you're nothing without your violin, you're nothing with your violin.” (by Shmuel Ashkenasi, Violinist)

これはPeter Oundjianに直接向けられた言葉ではありません。
Arnold Steinhardtというバイオリン奏者が、同僚のShmuel Ashkenasiに“I'm just so worried that without my violin I'll be nothing.”と言った際に、Ashkenasiが応えた言葉です。

一つの道に秀でた人がそれを失うことへの恐怖を感じるのは当然ですが、その道以外にも自分を活かせる道があるはずだと語ったShmuel Ashkenasiの言葉、その言葉通りに苦難を乗り越えて指揮者としての成功をつかんだPeter Oundjianの姿と重なって、胸に響きました。
Peter-Oundjian.jpg

2013.09.01 Sun 08:56
タダ寝族…。
ちょっと前に中国のIKEAでは売り場のソファーやベッドで本気で寝てしまう人がいて店が困っているという記事をネットで見つけましたが、それをはるかに凌ぐニュースの動画を姉様が送ってくれましたよ。

日本と同様に連日暑さにあえぐ中国の上海で、デパートの店内や駅構内などクーラーが入っているところにシートや段ボールを敷いて寝る人々、「タダ寝族」が増加しているというのです。

それはこんな感じ…。
tadanezoku.jpg
おぉ〜、本気で寝てる…。
背景には「都市に出稼ぎに来ている人々は貧しくてクーラーを持っていない」という事情があるわけですが、それにしても…。日本でもデパートや図書館に涼みに行く人はいても、地べたに寝転んだりはしないでしょ…。これはあんまりだ。恥という言葉を知らないのか…と思いました。

でも、中国の貧しい人々は本当に貧しいので、この人々だけを責めてはいけないのかな…とも思いました。(本当に貧しさが理由でこの現象が起こっているのであればね)
それにしても、安い賃金で朝から晩まで労働しているであろう人々の上前をはねて、豪勢な暮らしをしている資本家や中国政府高官はどう感じているんでしょうか。クーラーが買える程度の暮らしをしている人々は、自分達の国のシステムがおかしいって感じてないのでしょうか?
中国は共産主義なのに、資本主義の国々よりもずっと貧富の差が大きいのはなぜ?共産主義なのに困窮している人は放置されちゃうの??…って、私はずっと疑問です。

アメリカの大都市では熱波や寒波の時にホームレスを収容するためにシェルターを増設したり、クーラーがないとか暖房用の燃料が買えないとか、家では暑さ寒さをしのげない人々をのために避難所を提供していました。アメリカの根底には基本的にキリスト教の教えがあって、弱者に手を差し伸べるという発想があるからなのかな。

いずれにしても中国はおかしい!中国人がそれに対して何も行動を起こさないのも理解できません。

2013.08.20 Tue 08:59
なるほど。
今朝見たtwitter。
twitter.jpg

ははは。
最近、アイスクリームのケースに入ったり、冷蔵庫の食材くわえたりした写真をSNSに載せちゃうアルバイト店員が多いもんね。どうなるか分かってて、自分もやっちゃうバカ。
一番最初に写真撮ってさらしてクビになった人よりも質が悪いっていうか救いようがないっていうか…。

ちなみにこの斎藤さんはデイリーポータルZに時々記事を書いてる人。記事もなかなか面白いです。

2013.08.06 Tue 08:56
腹がよじれる。
以前は毎日見ていた『ほぼ日刊イトイ新聞』なのですが、ちょっと飽きて来ちゃってご無沙汰していました。でも、久しぶりに『今日の言いまつがい』を過去に遡って読んでみたら、これがホント面白い!読んでいない部分が果てしなくあるので、毎晩布団の中で声を殺して笑っています。(いい腹筋運動だ…)

これなんか(肩を震わせて静かに)爆笑しました。
iimatsugai.jpg

これを読んで思い出したのは、姪っ子naoちゃんが話してくれたお友達とのNY珍道中。

地下鉄の一回乗車券を改札の機械に通そうとした時にエラーが出て困っていたら、通りかかったアメリカ人の女性が「回数券を買ったら、二人で一緒に使えるわよ」って(当然英語で)教えてくれたんだそうです。

それを聞いた姪っ子のお友達が大声で、

えっ、Togetherできるの!?

この話を聞いて、私と姉様は姪っ子のお友達の大ファンになりました。
いつか会わせてもらえるのを楽しみにしています。

2013.07.31 Wed 06:07
プロフィール

emmynyaa

Author:emmynyaa
猫と暮らす日々の出来事

カテゴリ
最新記事
最新コメント
過去ログ
リンク
検索フォーム
FC2カウンター