お気楽な猫の毎日
FC2ブログ
2019.02.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  2019.04.
医療機関からのお手紙ほど怖いものはない…
昨日の夕方、帰宅して郵便受けを見たら、加入している医療機関からの手紙…。

げ〜、請求書?
一体何に対する請求書??

アメリカの医療は何をしてもらっても高額で、保険でカバーされないと倒れそうなぐらい(爆)高額な患者負担の請求書が来るので、医療機関からの手紙は常に恐怖です。破傷風の予防接種をしただけで$70ぐらい請求されたことがあり、だったらdrugstoreでしてもらうわ!と頭に来たこともあります。

さて、恐る恐る封筒を開けてみたら…

え、$20の返金の小切手じゃん。
いつの$20???

私が昨年、医師の診療を受けたのは1月にリウマチの専門医の診察を受けたのと、8月に夏に咳が続いて主治医に診てもらったのと、9月中旬のリウマチの専門医の診察の3回だけです。$20はそのどちらかのケースのco-pay(患者負担金、受付で支払います)に対する返金だと思うんですが、どっちなんだろうね〜。

実は昨年の9月の終わり頃にも$20の小切手の返金があったので、co-payの返金だなぁと思ったのですが、これで3回の診察のうち2回分のco-payが返金されたってこと??

意味わかんないわ。

2019.03.19 Tue 08:46
V字回復
2019年に入った途端にあれよあれよと株価が下がりました。
老後資金のために持っている投資信託会社のアカウントのお金は日本円にして1千万円も減ってしまいました。(下のグラフのピンクの2点の間、1千万円分のギャップがあるんです。)
investment.jpg
その後、毎月お給料から天引きされる積立と株式市場の回復もあり、ようやく目減り額が200万円まで小さくなりました。グラフで見ると見事なV字回復です。

どうかこういう事態がもう起きませんように。

2019.03.18 Mon 14:33
血液検査の数値
先週の金曜日は3カ月に一度の血液検査の日でした。
この検査、「だいたい3カ月に一度受ける」という指示で、何月何日に受けるようにと厳密に指示されているわけではありません。
「先週の金曜日」は前回の検査の後で自分でカレンダーにメモしておいた日で、その日は数日前から手指の関節の痛みと腫れがあったので「検査結果が悪いかもしれないから、もうちょっと状態が落ち着くまで検査を延期しようかな…」と迷いました。でも、検査結果が悪かったら、きちんとリウマチの専門医の診察を受けなければいけないな…と考え直して、自分で予定した通りに検査に行ったのでした。

今日の夕方、検査結果が私のアカウントにアップロードされたというお知らせが来たので、恐る恐る見てみたら、正常値を超えてしまった数値はありませんでした。ほっ。

CPR値は前回よりも少し高くなりましたが、(アメリカでの)正常値のちょうど真ん中辺りで「体内に軽い炎症がある」という数値でした。あ〜、ほっとしました。

土曜日にMTXを服用したからなのか、痛みも腫れも引いて、今日は全く症状がない状態で過ごせました。

リウマチとは一生付き合っていくことになるので、ちょっとしたことにビクビクせず、悲観もせず、でも、検査だけはしっかりと受けて淡々と治療を続けていこうと改めて思いました。

2019.03.11 Mon 21:43
痛みも腫れも引きました
免疫力を高めすぎたのか、真剣に再燃(再発)を疑った手指の関節の痛みと腫れ…昨日MTXを服用したらきれいに引きました。

関節リウマチは完治しないということを知っていながら、比較的早い時期に痛みが消えて寛解になったことで病気を舐めていました。

お医者さんが「感染症に罹らないように気をつけなさい」と言うのは生活習慣として手洗いなどをしっかりして菌の侵入を防ぐと言うことであり、せっかく薬で抑えている免疫力を上げるようなことをしたらダメなんだということがよ〜くわかりました。

自分の免疫力こそが自分の敵だってことだな…肝に命じておきます。

あ〜、何かなぁ…でも仕方ない、静かに一生戦っていく病気なんだよ、これは。

2019.03.10 Sun 19:47
免疫力を上げちゃいかんのだよ、やっぱり。
インフルエンザと戦うためにMTXの服用を1週間やめて、チャーガ茶(免疫力を高めるキノコのお茶)を朝晩飲んでいました。そのおかげでインフルエンザは超高速で治ったのですが、その後手指の関節に痛みと腫れが出ました。

最初は左手の掌側の指の付け根、そして中指の第2関節、そこから右手の人差し指の付け根と第2関節。
昨日からチャーガ茶をやめて、消炎鎮痛剤を飲んでいますが、なかなか痛みと腫れが消えません。

MTXを飲み続けてず〜っと調子がよかったので、もしかしたら関節リウマチはもう治ってしまったのかなぁなんて希望を抱いていましたが、そんなことはなかったのね〜。免疫力を上げたら途端に自分の関節への攻撃が始まったわけですよ。あ〜あ。

今は必死に免疫力を抑え込んでいます。そもそもこれが治療の基本方針なんだもんね。
免疫力を抑え込んだ状態で感染症に気をつけながら生きて行く…これがおそらく一生続くんだなぁということを改めて自覚しました。

明日はMTXの服薬日なので、これで痛みと腫れが止まってくれるといいなぁ…。

2019.03.08 Fri 19:50
なんだか忙しい
超高速インフルエンザで仕事がはかどらなかったのもありますが、普段の学期にはない「part-timeの講師募集」などの仕事が舞い込んでしまって、なんだか仕事に追われています。でも、演奏会も目前に迫っているので練習にもいかねばならぬ…。

ここ数日はほぼ分刻みで時間を割り振って生活しています。

昨日は…
午前中に2コマ→昼ごはん→練習→期末試験の会場について2つの部署とメールのやり取り→同僚と期末試験を作るミーティング→Teaching Assistantの候補者と面談→クラスの準備→帰宅して晩御飯→コインランドリーで洗濯しながら学生の口頭試験の採点→帰宅して採点の続き→12時に就寝

こんな感じの1日でした。仕事はマイペースで…と思っていますが、マイペースだけではうまく回らないこともあるのでたまにはガーッと仕事する必要もあるのです。その気になればまだ頑張れるな…と思いましたが、昔のように毎日こんなペースではやっていけません。

今日も朝から忙しい…。

2019.02.27 Wed 10:06
MTXを1週間抜いてみて…
この1週間(発症してからは10日ぐらい)インフルエンザ(だろう)で苦しみました。
超高速で症状が進んでいきましたが、最後の最後、鼻水の段階が結構長引いています。
「ひどい感染症、発熱がある時にはMTXを飲まないでね。1、2回抜いたからってすぐにリウマチが悪化することはありません」とリウマチの専門医に言われたのを思い出して、先週はMTXを抜いたのですが、

結果…

リウマチの症状は何も出ませんでした。ほっ。

MTXは週に一度まとめて服用することで自分を攻撃している免疫システムに喝を入れるんだそうですが、一度ぐらい喝を入れなくても大丈夫だったようです。
2017年6月に服用を始めてから一度も欠かさず飲んで来ましたが、時には「今日は熱っぽいけど、飲んでもいいのかな」と迷いながら、でもリウマチの症状が怖くて飲んでしまっていたことも何度かありました。今回、「一度飛ばしても大丈夫」という経験をしたことで今後はMTXを服用するかどうか迷いが少なくなりそうです。(何事も実体験が物を言う…)

それにしても、いつまで飲み続けるんだろうね〜、MTX。
先日舌癌であることを公表した堀ちえみさんも長年リウマチを患っていて、当初は「リウマチの薬の副作用の口内炎がなかなか治らない」と思っていたそうなので、薬の副作用、薬の副作用だという思い込み…怖いなぁと思いました。
リウマチには完治はないので、いろんな意味で自分の症状をちゃんと把握していかないといけないなぁと思います。

2019.02.23 Sat 10:29
超高速インフルエンザ
先週の木曜日の朝、何か調子悪いなぁって思ったんですよ。
午後にはちょっと熱っぽくて寒気が…。
午後に学生の課外活動の読書クラブを見てあげているんだけど、これをキャンセルしてしまえばよかった。いや、その後にちょっと練習に行ったっていうのも間違いだったかも…。

金曜日:朝から発熱。喉が焼けるように痛い。完全にインフルエンザ〜な雰囲気。 
Tylenolをmax飲んでネックウォーマーと喉の乾燥防止のマスクをして1日中寝ていました。

土曜日:朝血痰が出て、喉の痛みは楽になりました。でも、発熱。
Tylenolをmax飲んでネックウォーマーと喉の乾燥防止のマスクをして冷えピタくん貼って1日中寝ていました。

日曜日:朝咳き込んだら青痰が出て、呼吸が少し楽になりました。熱もかなり下がった。
Tylenolをmax飲んでネックウォーマーと喉の乾燥防止のマスクをして冷えピタくん貼って午前中寝ていたら、お昼には気分爽快!
午後からは練習に行き、1週間分の食料の買い出し。夕方また発熱するかなぁと心配しましたが、大丈夫でした。よしっ!

月曜日:今日は祝日なのでダラダラしてます。午後にはまた練習に行く予定。

木曜日から土曜日までの丸3日で超高速インフルエンザ、全症状を駆け抜けました。(実際には医者に診てもらっていないのでインフルエンザかどうかはわかりません。多分アメリカではよほど重症じゃないと医者に行かないし、医者もインフルエンザかどうか検査しないでしょう。)

毎週土曜日に飲んでいるMTXは今週はパス。
以前、リウマチの専門医が「ひどい感染症、発熱がある時にはMTXを飲まないでね。1、2回抜いたからってすぐにリウマチが悪化することはありません」って言っていたので、その指示に従いました。今はMTXで免疫力を抑え込むんじゃなく、インフルエンザ撃退を優先したいと思います。

服用したもの:Tylenol(1000mgX3回/日←良い子はマネをしてはいけません。1日1500mg以上は推奨されていません)、チャーガ茶、Airborne。

2019.02.18 Mon 10:51
テレビの代わりに読書
ジムをやめてしまってからもお風呂テレビで日本のテレビ番組を見る楽しみは続けていました。
いや、むしろジムを退会してからの方が「お風呂テレビはジムで見るもの」というようなこだわりのようなものがなくなって、SDカードに録画してもらった番組の視聴が速い、速い…。これまでは1年遅れぐらいで番組を見ていて、手元に2、3枚カードが溜まっているのが普通だったのに、とうとう全部の番組を見終わって日本の姉さまにSDカードを送ってしまったので、今手元には1枚もカードがありません。(先週の水曜日にカードを送ってもらったので、それが届くのを待っているところです)

何となく暇になっちゃったので、今は日本語の本をせっせと読んでいます。
映画化されて話題になった『羊と鋼の森』なんかぱ〜っと2日ぐらいで読破しちゃいました。音楽好きの私には魅力的なテーマだったんですが、ストーリー展開は軽い…。読み終わったらタイトルすら思い出せなかった…。あ、でも読んでいる時にはぐいぐい引き込まれていったので、面白い小説ですよ。(←説得力ないけど)ただ、いい小説なのにあまり深まらずにあっさり終わってしまったなって感じただけです。

今は小川洋子の『猫を抱いて象と泳ぐ』を読んでいます。
『羊と鋼の森』よりは重い展開で、私はこっちの方が好き。

小川洋子は大好きな小説家で、彼女の作品はほとんど読んでいます。あとは重松清も好き。昔は重いところでは立松和平、村上春樹(のオウム真理教を追った作品)、軽いところでは柳美里、群ようこをよく読んでいました。海外の作家だとジョン・アーヴィングかな。
老眼になったせいで小さい文字を見ることが苦痛でしばらく読書から遠ざかっていたのですが、一昨年日本で作った老眼鏡に慣れたのと、お家用の近視矯正のメガネの度数がほんのり弱めで本を読むのにぴったりなので、最近は読書に戻って来ました。

映画もいいけど本の世界はもっと広いです。行ったこともない国の見たこともない景色、会ったこともない人物の声までが自分の頭の中に描かれていくのは本当に楽しい!今は何でも映像化されてしまいますが、本当は白黒の文字に自分の想像力を足して、自分の頭の中に世界を作り上げて行く方がずっ〜と鮮明で楽しいということを、人間が忘れないといいなぁと思います。

2019.02.08 Fri 21:10
今日のApple
今日は株式市場の時間外にAppleの第一四半期の決算報告がありました。
米中の貿易戦争の影響、中国経済の減速を受けて、業績を下方修正したばかりだったので、「決算報告がイマイチで、ドカーンって株価が下がったらどうしよう」とハラハラ、ドキドキでしたが、「そこまで酷くはない」という数字を出せたのか(どうなんだろうね)、結果的には決算報告後にガツンと株価が上がりました。$8以上も上がったんだから上出来だ!
apple1-29-19.jpg
(右側の緑の山は決算報告後の時間外取引)
ほっとしたわ〜。
Appleよ〜、私の老後資金を稼いでおくれ〜。

2019.01.29 Tue 19:22
プロフィール

emmynyaa

Author:emmynyaa
猫と暮らす日々の出来事

カテゴリ
最新記事
最新コメント
過去ログ
リンク
検索フォーム
FC2カウンター