お気楽な猫の毎日
FC2ブログ
2021.02.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  2021.04.
久しぶりのホームベーカリー
美味しいパンが食べたくなって久しぶりにホームベーカリーで食パンを焼きました。

コロナによる自宅待機が始まった頃にはどこのスーパーでも強力粉、イーストなどの製パン材料が売り切れでしたが、その後ちゃんと在庫がある状態に戻ったので、我が家にも製パン材料を揃えておいたんです。

久しぶりすぎて手際悪し…どのコースを選べばいいのかも思い出せず…。
でも、重いのを我慢して日本から持ち帰ったPanasonicのホームペーカリー、いい仕事をしてくれました。
bread.jpg
お昼ご飯に6枚切りのパンを2枚も食べちゃったよ〜。
しかも待ちきれなくて齧ってからトースターへ、そして写真。

パンを焼くいい匂いが家中に〜幸せ〜!

2021.02.21 Sun 13:51
アメリカのスーパー恐怖症?
コロナ感染を避けるために、家と職場の往復以外は、スーパーへの買い出しのみ。
こんな生活をかれこれ1年近くも続けています。
特にアメリカでの感染拡大がとんでもないことになり変異種も確認された12月以降はスーパーに行く回数も減らしています。

そんな私がアメリカで最初のstay-at-homeが発令された去年の春から経験している不思議な症状…

アメリカのスーパーに行くと、その翌日から数日後に、息苦しくなったり熱っぽくなったりするんです。
で、Tylenolを1/2錠飲むと、薬を飲んだ次の日にはその症状は消えます。
スーパーは入場制限があり、レジのところも密を避けて並ぶ方式ですが、それでも不特定多数の人と接触してしまうわけで、それに対する恐怖心が疑似症状を引き起こしているのか、それとも、ある程度のウィルスには晒されていて自分の体がそれと闘っているのか…。

誰かこういう症状を経験している人はいませんか〜?
それを研究しているお医者さんはいませんか〜?

2021.02.17 Wed 17:01
スープジャーでオートミールのお粥
2018年の2月に買ったタイガーのスープジャー、オフィスに電子レンジがあるのでスープジャーで保温しなくても大丈夫なのに加え、こんなに細かい部品を洗うのが面倒すぎて、数回使った後はキッチンの棚の肥やしになっていました。
soup-jar.jpg
でも、このところお弁当のアイディアが尽きて来てしまったので、スープジャーでオートミールのお粥を作ってみることにしました。

オートミールはアメリカでは果物や牛乳、蜂蜜などを入れて甘い朝食として食べることが多いんですが、私は甘いオートミールは苦手です。でも、おじやリゾットのような味付けにすれば大丈夫。(インチキくさい料理ですけどね)

昨日に引き続き、今日も美味しくできるか実験してみました。
<朝>
熱湯を入れてジャーを温める。同時に、小鍋にコンソメベースのスープを作る。
ジャーの熱湯を捨てて、オートミール1/3カップとレンズ豆少々を入れる。
熱々のスープを注ぐ。
soup1.jpg
<昼>
これを大学に持って行って、仕込みから約4時間後に食べる。食べる直前にチーズを少々入れてみました。
soup3.jpg
温度はまだ熱々で美味しかったです。

食物繊維が摂れ、カロリー低め、腹持ちよし!
来週は味付けのバリエーションを変えつつ、オートミールのお粥弁当です。

2021.02.06 Sat 12:46
多分、これが一生で一度きり
本日、スーパーに2週間分の食料品を買い出しに行った際、車のオドメーターが記念すべき数字になりました。まだ駐車場内にいたので、車を停めてしっかり写真を撮りましたよ。
odometer.jpg
2018年11月に47000マイルで買った中古車ですが、55555マイルはあっさりと見逃してしまい、その後、この数字を心待ちにしていました。今週は「いよいよだわ〜」と気になってしかたなかったです。
よかった〜、見逃さなくて!

次はいつかな。
123456マイル?そんなの何年後?

2021.01.31 Sun 13:24
バイデンが大統領に就任しました
2021年1月20日、ジョー・バイデンが46代アメリカ大統領に就任しました。

朝からテレビに釘付けで仕事に遅れちゃうかと思いました。
最初のうち小雪がチラついてたワシントンDCの空が晴れ上がり、宣誓の時には日差しが眩しいほどになりました。
バイデンの就任を象徴しているかのようでした。
biden.jpg

4年前にトランプが就任した時から、いいえ、2016年に大統領選挙に勝った時から、頭の上に黒い雲があるような重苦しさを感じていました。
私利私欲に塗れ、人に対する感謝もなく、間違いを正して謝罪することもなく、自分個人への忠誠を求めるトランプには、大統領に必要な資質はゼロでした。
あれほど人格に問題のある人を見たことがありません。
トランプ政権の4年間で、アメリカは荒みました。
民主主義なんて屁とも思っていない白人至上主義者、暴力的な集団が台頭しました。

こんなのアメリカじゃない!
もうアメリカを去ろう!

何度思ったことか…。

アメリカは自分が大人になってから決断して来た国です。
一生懸命英語を学び、仕事の資格を取り、仕事をして生きて来た国です。
アメリカのいいことをブログに書くことはあまりないし、今更アメリカン・ドリームを持つほどナイーブではないけれど、それでもアメリカには多様性を認め、人権を尊重する国であり続けてほしいです。

バイデン政権がアメリカを変えてくれることに期待しています。

2021.01.20 Wed 15:30
布マスク 第4弾:冬用マスク
今日はレッスン、仕事の後でせっせとマスク作り。
最初に作った布マスクは夏用なので、今日はちょっと厚手の生地で冬用。
生地が厚い分、ちょっと縫いにくかったです。
ミシンが安物で厚手なものは布送りが動かなくなっちゃうんですよ〜。

冬は洋服やコートが地味〜な色なので、明るい色で若作り。
face-masks.jpg
去年の今頃は外出にマスクが必要な世の中になるだなんて想像もしていませんでした。

コロナ感染がおさまって、「マスクを作ったりしたこともあったよな〜」と笑いながら思い出せる日が来ますように。

2021.01.09 Sat 17:28
アメリカ、終わってる…
昨日はジョージア州の上院銀選挙の開票結果に釘付け…昨日一人目の民主党議員が誕生し、今日もう一人…これで上院は民主党が過半数(50対50ですが、ハリスが1票決戦票を持っているので)となり、バイデン政権にとっては大きなプラスです。

そんな折、今日の議会での選挙結果の承認イベントを阻止するためにワシントンに集まっていたクズどもが連邦議会に乱入。
pro-trump-supporters-breach-us-capitol.jpg

そもそもこんなことになったのは、いつまでの選挙での負けを認めないトランプが、自分の支持者をワシントンに集結させたせいで、全部あのジジイが悪いんですけどね。
こいつら結局全員テロリストじゃん!きっちり厳罰に処してほしいです。
もちろんトランプのクソジジイは選挙結果を覆すために圧力をかけた罪で裁かれるべき!!

民主主義はアメリカの根幹です。
民主党、共和党、どの政党を支持していてもそれは変わらないはず。
トランプは民主主義国家で王になろうとして、多くの部下に国家ではなく自分への忠誠を求め、支持者たちも憲法を超える何かをトランプに求めた…それは間違っているんだと言うことをきっちり示さないと、カルト的な集団に国を乗っ取られますよ、アメリカ。

アメリカのコロナによる死者はもうじき36万人を超えようとしています。

いろんな意味でアメリカは終わってる…。

2021.01.06 Wed 15:45
マグロ、最終回。
大晦日から食べているマグロ、なんかもう飽きてきちゃったので、最後は鉄火巻きで食べ切りました。
tekkamaki.jpg
煮物もまだたくさんある〜。これは来週のお弁当かな…。

紅白なますだけはサラダ感覚でパクパク食べているので、どんどん減っています。
子供の頃は紅白なますなんて見向きもしなかったんですが、ここ数年酢の物とかなますとか大好物になりました。年とともに味覚は変わるものですね。

これでもう平常のご飯に戻れるかなぁ。

2021.01.02 Sat 19:20
2021年、明けましておめでとうございます。
2021年、静かに年が明けました。
covid-stimulus.jpg

今回の支援策には年収制限があって、2019会計年度のtax return(確定申告みたいなヤツ)の調整後総所得が基準になっていました。どれどれ〜と、オフィスに保管してある過去の申告書類を見たら、むちゃくちゃギリギリOKでした。

新型コロナの感染拡大に伴って、仕事は考えられないぐらい大変になりましたが、そもそも大学が雇用主なので経済的には打撃を受けていません。貰っておいてこう言うのもなんですが、もっと経済的に打撃を受けた人に対象を絞って分配すればよかったんじゃないのかなぁ。しかも、経済刺激を狙ってお金を配っているのに、感染が怖くて私なんかtake outすらしていない…。

って考えると、GO TOのような実際にお金を使ってくれる人を対象とした支援っていうのも理にかなっているのかもしれませんね。タイミングが悪かっただけで…。

12月下旬に議会で可決した支援策がもう届いている…この速さはアメリカのすごいところです。
全ての納税者がここにtax returnをファイルしているため、納税者の情報を政府が把握しているのが強みなんでしょうね。

前回の支援策と合わせて$1800貰ったんですが、何か買おうかなぁ。

2021.01.01 Fri 12:10
2020年の大晦日
今日は、普段は金曜日にしている洗濯を大家さんにお願いして午前中にさせてもらって、洗濯、乾燥の待ち時間に紅白なますを作りました。昨日寝る前に干し椎茸を戻し始めたし、今朝起き抜けに冷凍のマグロの柵の解凍を始めたし、残りは煮物。午後はだらだらと過ごして、夕方になってから煮物作り。ご飯も久しぶりに白米を炊いて、いつもは姉が送ってくれる黒豆がないので缶詰のインゲン豆を甘く煮豆にして代用。そんなこんなで、大晦日の晩御飯はこんな感じ。いつもはどっさり送ってもらっている数の子もなくて、なんだか地味〜な年越しの食事になりました。
newyeareve-dinner.jpg

2020年は時間が止まっているような、記憶が欠落しているような奇妙な感覚の一年になりました。
2019年の大晦日にはこんな一年になることなんて微塵も想像できませんでした。2020年の1月に「中国で新型肺炎が流行している」と初めて耳にし、2月中国の春節の頃に中国人の学生を中心にマスク姿の学生が増え、3月の上旬、期末試験の頃には大学中がざわついているような状態になりました。「あそこのアパートでパーティーがあり、症状がある人も参加していたらしい」とか「あのアパートに住んでいる人が救急車で運ばれたらしい」といった不確かな情報が出回り始めた直後に学長からのメールで全ての授業のオンライン化が指示され、春学期、夏休み、秋学期…と、コロナに翻弄されるまま9カ月以上が過ぎました。私の中の時間は3月上旬で止まっている感じ。春学期には「これでオンラインは終わり?」と希望が持てる日もありましたが、5月下旬のMemorial Dayでアメリカ中のタガが外れてしまって、その後は危機的な状態が続いています。

カリフォルニア州では変異種の患者も発見されたので、今はもう日本に帰国するのもままなりません。
来年はもっといい年になるといいなぁ。
今年失ってしまったいろいろなものを取り戻せるような年になるといいなぁ。
そして、コロナがどのように始まったのか、コロナ対策の何が失敗だったのか、それを見届けるまでは長生きしたいなぁと思うのでした。

2020年よ、さようなら。
57年の人生の中で最も奇妙な一年でした。

2020.12.31 Thu 20:51
プロフィール

emmynyaa

Author:emmynyaa
猫と暮らす日々の出来事

カテゴリ
最新記事
最新コメント
過去ログ
リンク
検索フォーム
FC2カウンター